これは行くしかない!6/16(土)・17(日)のポルシェエクスペリエンスデー@富士スピードウェイ

ポルシェカレラカップ 岡山国際サーキット
ポルシェ最新ニュース
Porsche Experience Day

先日twitterで、「6月16日(土)・17日(日)のポルシェエクスペリエンスデーに行きませんか?」という投稿をしているポルシェファンの方がいた。Porsche Experience Day(ポルシェエクスペリエンスデー)は、ポルシェカレラカップ等と合わせて富士スピードウェイで開催される、ポルシェ70周年を記念した特別なプログラム。
フェルディナンド・ポルシェがデザイン事務所を設立したのは1930年頃だが、ポルシェの名を冠した初のモデル「ポルシェ356 No1ロードスター」が登場したのが1948年ということで、今年は70周年にあたる年。わが家は日曜日に行く予定にしているのだが、twitterで交流しているポルシェファンの皆さんともお会いできそうで、今からとても楽しみだ。

ゲストパスの特典とは?

そんなこんなで昨日、ポルシェ関連のニュース記事を見ていると、このポルシェエクスペリエンスデーに関する各メディアの記事が多数配信されていた。このポルシェエクスペリエンスデーには、ポルシェオーナーだけではなく、ポルシェファンなら誰でも参加が可能で、ゲストパスを購入すると、さらなる特典がついてくる。どんな特典があるのかなーと思って見てみると(今までちゃんと見てなかった)

①ポルシェパレードランに参加可能(先着限定70台)
自分のポルシェで来場した人は、メインサーキットをパレード走行できる。ただし、当日受け付けで先着70台のみ。参加者は同乗者を含め長袖長ズボンの着用が必要だとのこと。

②最新のポルシェに試乗
パナメーラターボSEハイブリッドやマカンGTSの試乗ができる。「都会では味わうことのできない開放的かつ快適な試乗」と書いてあるので、富士スピードウェイの外の駐車場とかで試乗できるのかなー。これも予約は当日会場に行ってからで、予定数に達し次第終了となる。

③プロカメラマンによる愛車撮影
来場の記念に、ゲストとその愛車をプロカメラマンが撮影してくれて、撮影したデータはその場で自分のスマホにダウンロードしてくれるそう。これも予定数に達し次第受付終了とのこと。

④ゲスト専用ラウンジやテラスで観戦可能
ゲスト専用ラウンジで観戦可能で、ピットツアー、レース開始前のグリッドウォークも可能になる。6月は梅雨時だから、もし雨がふっても、ラウンジで観戦できるなら快適に過ごせる。ちなみに、昨年の岡山国際サーキットのゲストラウンジやピットウォーク、富士スピードウェイのラウンジはこんな感じだった。







ちなみに、料理がめちゃくちゃ美味しくておかわりしまくった(笑)

ゲストパス購入について

ゲストパスについては、

■販売価格(一人1日分)
大人 11,000円(税抜)
小人 5,000円 (税抜)※中学生まで/未就学児は無料
■ご購入方法
近くのポルシェ正規販売店にて
■締切
5月31日(火)まで
※販売上限に達し次第終了

とのこと。当日先着順のものが多いから、日曜日は朝早くからいって、ちゃんと申し込みしないとなー。詳しくは、下記のポルシェ公式サイトに載っている。
http://www.porsche.co.jp/experience_day2018/

幻の「プロポルシェファン」

あと、昨日のブログで「プロポルシェファン」と名乗ったのだが、めっちゃ不評なので(笑)、twitter等のユーザー名は「Mina−ポルシェブログ管理人」に変えた。自分としては、私のことを知らない人でも、「あ、なんかポルシェが好きで、ポルシェ関連のことしてるのかな?」というのがひと目でわかるようになればと思っていたので、まぁこれがシンプルでいいかもな。
色々試行錯誤しながら、色々やってみて、より良いブログ運営ができればいいなと思っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese