富士スピードウェイのサーキットをパナメーラターボで走行してきた!

ポルシェ 新型パナメーラターボ 971
サーキット
いよいよパレードラン!

ここのところ富士スピードウェイでのポルシェエクスペリエンスがらみの記事ばかりだが…今日はパレードランについて。愛車でサーキットを走れるプログラムで、70周年にかけて限定70台のポルシェが参加できる。先着で番号を入手できたのだが、朝8時前から並んで実際にパレードランが行われるのは、サーキット全レース終了後の17時半から。

ということで、16時半からブリーフィングに出席するために所定の場所に向かうと、時間前なのに既にほぼ全員が待機。ポルシェファンの人たちは、真面目でいい人たちばかりだとよく聞くけど、いやほんとそうだなぁ(゚∀゚)…!

ブリーフィングに参加。

早速参加者には、ステッカーのような駐車券みたいなものが渡され、

バックミラーにかけるように指示があった。

スタッフの方が、およそ10分程度で

・サーキットに入るまでの道順
・ヘッドライトは必ずつけて走行
・ラジオを79.7にあわせると富士スピードウェイでの実況につながる
・サーキットは2周走る
・2周走り終え、サーキットを出たら、あとは流れ解散

といった説明をしてくださり、その後各自、自分の車の元へ。

と、その時、今まで雲に覆われて全く姿を現さなかった富士山が、ようやく私たちの前に姿を現した!


おぉ…でかい!

いよいよ車に乗り込んでサーキットへ。

早速車に乗り込み、エンジンをかけ、スタッフの指示通りヘッドライトをつける。

まずは3列に並んで待機するため、車を所定の場所まで持っていくのだが、皆さんマナーがすごく良くて、譲り合い精神が半端ない。

そしてここで隊列をくんで待機。
結構待ったなー。20分くらいは待っただろうか。

その後、いよいよサーキットへ。

サーキットに入った瞬間、なんだかすごく感動した。今まで特に「サーキットをすんごい走りたい!」という人ではなかったし、むしろ興味は無かったけど、見たこと無いほど広い道路で、観客席を見渡せて、緊張とワクワクが入り混じった独特な空気感があった。

3列に車をとめ、そこからは、ポルシェ・ジャパンの写真撮影。

「オーナーさん!旗振ってください〜楽しそうな雰囲気で、「ポルシェ最高!」って感じで、写真撮りますよー!」

とアナウンスが流れ、みんなその指示に従うのだが、ポルシェファンの人ってシャイなんかな。(私もやけど)

みなさんすごくワクワクしているはずなのに、弾ける感はまったくなく、遠慮気味にちらっと旗振ってみる程度で…(笑)

あの…もうちょっと楽しそうにしましょうか…?

もっと手を降って〜!

ポルシェ最高〜みたいな感じで〜!

これが終わらないとパレードラン始まりませんょ〜!

と色々言われて、みんなやっとの思いでみんな笑顔で手を降って無事終了。その後は、5分間のグリッドウォークがあり、


いよいよ走行スタート。

走行開始だ!

せっかくなので、スポーツプラスモードにして、いざ出発!

とはいえ、最初の1周は、70台を1列の隊列にするために、とろとろ走行。

だんだんと、スピードが出てきて、結構なヘアピンカーブも出てきて、私は調子に乗ってスピードを出してしまった場面もあって(っていうかパナメーラターボのスポーツプラスモードやからちょっと踏んだだけですぐスピード出る)、

夫に

「ブレーキ、ブレーキ!」「そのままいったらツッコムで!」

と横から言われて、あたふたしながら走行。

今までパナメーラに乗っていて、「曲がりきれない!」「横に振られそう!」なんて感じたことは全くなかったが、少し恐怖を感じてしまうほど、Gや遠心力を感じた。

また、登り坂の後の90度カーブや、先が全くわからない中での急なカーブもあり、いやはや…こんなコースで200キロ以上出して戦うレーサーってほんとにすごい。

今までは「もーなんであそこで抜かないんだろう!」「いいところで抜かれるなんて精神力弱いわー!」とか言ってたけど、本当にごめんなさい。

皆さんの凄さが、ようやく分かった。これからはレース見る目が変わりそうだ。

「こんなことなら、富士スピードウェイのコースをちゃんと覚えてきたらよかったな〜」ともらすと

「そやろ、だから言ったのに!コースわかってないし、コース取りが下手くそすぎるから、こんな横にふられたりするんやで(-_-)」

と言われた。横に乗ってる夫は怖かっただろうな(爆)それにしても、富士山がバッチリ見えて、その横で富士スピードウェイを走行できるなんて…めちゃくちゃ気持ちが良かった。

大満足で終了。

サーキット2周はあっという間で「え、もう終わり!?あと10周くらい走りたい−!」という気持ちのままサーキットを後にする。

実況の方のアナウンスで「サーキットを出るときにも、皆さんウィンカーを出されて、ポルシェファンの皆さんはさすが!マナーが良いです!」という声が聞こえてきた。

確かに(笑)

今回のポルシェエクスペリエンスデイは、サーキットでのパレードランも楽しかったけれど、ポルシェファンの皆さんの空気感にも触れることができたこともすごく良かった。twitterでやり取りしていた方とお会いできたり、新たな出会いもあって、かつ皆さん良い方々ばかりで、人生が豊かでポルシェが好きという気持ちを全身で感じることができた。

こんな経験をさせてもらえて、夫に感謝だ。

晩ごはんは…

パレードランが終了したのが18時半頃。そして、晩ご飯はどうするかという話になったのだが、富士山もバッチリみえたし、ポルシェでサーキットを走るという貴重な経験もできたし、これ以上望んではバチがあたるような気がして、思わず

「こ、コンビニでいい!」と発してしまい、コンビニで弁当を買って、ホテルに帰って食べた(笑)

ちなみに、今日帰宅する予定だが、919ハイブリッドトリビュートの箱根ターンパイク走行は見に行かないことにした。既に昨日も919ハイブリッドトリビュートを間近で見てきたが(その感想等はまた別途記事にする)、EVカーなので音は全くしないし、箱根は今日は大雨なので、もういいかなと。

富士山のまわりをぐるっとまわって、今日は帰路につくことにしようと思っていたら…

大阪で地震という速報が飛び込んできた。これはとにかくすぐに帰ったほうが良さそうだ!

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese