芦ノ湖スカイラインを走ってきた – GT3とBMW320iでツーリング

ツーリング記

芦ノ湖スカイラインへ

豪雨で、ポルシェトラックエクスペリエンス(PTE)のMasterコースは中止になったが、翌日は嘘のように晴れてくれたので、芦ノ湖スカイラインまで行って帰路につくことにした。

子どもたちを連れていなければ、箱根ターンパイクや、富士スバルラインや、そのあたりの名道を全て走って帰ったりしたいのだけれど、子どもたちがいるとそうもいかない。というわけで、まだ一度も晴れた日に走ったことが無い芦ノ湖スカイラインに行くことに決めた。

実は、パナメーラが納車されてすぐの頃に、富士スピードウェイにWECを見に行きがてら、芦ノ湖スカイラインに寄ったのだが、例のごとく濃霧で、富士山どころか、芦ノ湖どころか、2m先すら見えない中、とろとろ運転して帰ってくる結果だったのだ。(ほんとなんでこんな雨女なんやろ…)

320i、芦ノ湖スカイライン

御殿場方面から向かい、箱根峠から芦ノ湖スカイラインへ。

ここからしばらくは、かなり狭い山道が続いたが、対向車が来る場面も多く少しひやひやした。その後、芦ノ湖スカイラインの料金所が近づくと、スポーツカーやいかにも速そうなクルマが増え、「関東在住のクルマ好きの方々も、休みの日にはこうして朝から走ってるんだなぁ」と思うと、日本全国、みんな、やること一緒だなと笑ってしまった。

私は、近所の芦有ドライブウェイ以外のドライブウェイを走った経験があまり無いので、つい芦有ドライブウェイと比べてしまうのだけど、芦ノ湖スカイラインの道は峠道のようなカーブもあり、広くなだらかな下り坂、上り坂もあり、バラエティに富んでいてとても気持ちが良かった。

そして何より眼下に広がる絶景が最高すぎる…すごいなぁーこんなに雄大な景色をのぞみながら走れるなんて、最高だ。途中、三国峠にてしばし写真撮影タイム。

私が「すごいなー芦ノ湖ってめっちゃでかいんやなぁ」とつぶやくと、夫が、

なんでや。これは駿河湾や。芦ノ湖がこんなでかいわけないやん、琵琶湖じゃあるまいしw

と突っ込まれた。そうなのか…このあたりの土地勘が全く無い関西人なので、とんだ勘違いをしてしまったが、このような雄大な景色は近畿圏ではなかなか見られないので、羨ましいなぁと思った。

芦ノ湖スカイラインを、BMW320iで駆け抜けてみたが、当然のことながらとても気持ちよかった。320iはよく曲がるし、エンジンもいい感じに回るようになってきたので、運転していて楽しかった。ただ、子どもたちがいると、後部座席に気を遣いながら走らないといけないので、いかんせん思い切って走ることはできない。

これはどこを走る時でもそうなのだけど、子どもたちが後部座席で「気持ち悪い」「窓を開けて〜。いや、寒いからしめて〜」などと言って来たり、寝てたら寝てたで、寝ている子どもたちの頭がカーブを曲がる度に左右に激しく触れるので、少し遠慮気味に走らざるを得なくなる。

子どもたちがもっと大きくなったら、次は夫婦二人で走りに来たいなぁ〜と言ってもどうせまた雨降るんやろうけどw

GT3、芦ノ湖スカイライン

帰宅後夫に、「芦ノ湖スカイラインをGT3で走ってみてどうやった?」と聞いてみたところ、

今までボクスターでしか走ったことなかったけど、やっぱり全然違うわ。GT3は、張り付くようにカーブを曲がるから、めちゃくちゃ面白かった。
芦ノ湖スカイラインは、道が広くて緩やかな高速カーブが多い。そういう道の場合は、GT3の方が力を発揮できて楽しいな。高速で、地面に張り付くようにカーブを曲がってくれる。逆に、芦有なんかは、道も狭くてカーブも急な低速、中速カーブが多いから、GT3の力を発揮しづらい。そういうところは、ボクスターで走ったほうが楽しいと思うわ。

と言っていた。確かに、GT3は水を得た魚のように走っていて、すごく気持ちが良さそうだった。

関東は広くてキレイな道が多いのだなぁ。

ちなみに、西伊豆スカイラインに関しても、私は晴れた日を経験したことが無いので、いつかまた走ってみたいなぁ。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。