最新のポルシェが最良のポルシェ – 最高なのは、水冷ポルシェか、空冷ポルシェか?

空冷ポルシェ

ポルシェ名言

ポルシェ車に関する有名な言葉に「最新のポルシェが最良のポルシェ」というものがある。なかなかハードルの高い言葉だが、実際は「確かにそうだなぁ」と感じる。

現行型のポルシェを運転している時は「この性能をさらに超えるなんて絶対に無理だ」と思えるほど素晴らしく感じるのに、試乗フェア等で新型を試乗すると「やっぱり全然違う!従来型を超えてきた!」と思ってしまう。これって本当にすごい。

一方で、「最新のポルシェが”最良”のポルシェかもしれないけれど、”最高”なのは、やはり○○時代のポルシェだ」という言葉も聞く。以前お話をさせて頂いた、水冷ポルシェも空冷ポルシェも所有するオーナーの方が、「空冷のこの代で、ポルシェは完結してるんだよ」という風におっしゃっていて、その言葉を聞いた時、深いなぁーと思った。

最高のポルシェは…

最新のポルシェが最良のポルシェでありつつ、最高なポルシェは○○の時代

ということで、「水冷ポルシェか、空冷ポルシェか、どちらが良いか」というテーマついては、ポルシェオーナーの間でも密かによく議論になっているように思う。

つい先日、ポルシェオーナーの方と私たち家族とでご飯に行ったのだが、その時もオーナーと夫が、

「空冷って本当に良いですよね。楽しい。これ1台あれば後は何も要らないと思えるくらい。」
「いやでも最新の水冷に乗ると、わーやっぱりこれはすげぇ!ってめちゃくちゃ感動するんですよねー。」

と、なんだかもう小学生の子どものように楽しそうにお話されていた。

だから「どちらが良い悪い、どちらが上か下か」ではなく、どこまでいっても「自分が所有するポルシェが、最高のポルシェだ」という感覚はみんな同じなんだろうなぁと。

そして、そんな風にお互いの愛車を認め合えるっていいなぁと、微笑ましく感じた。

違うのに、同じポルシェ

現在夫は、お陰様で「水冷ポルシェと、空冷ポルシェ、両方に乗ることができる環境」にいる。そして、夫はそれらの愛車達に乗る度、「まるで、そのクルマが今日納車されたか」のように、感激した様子で仕事から帰宅する。

・いや〜ボクスターはほんまに気持ちがいいわ。屋根を開けて帰ってきたけど最高や!
・GT3はすごい!地面をビタッと捉えて、まるで地面を削るように曲がる。恐ろしいほどにすごいクルマや。
・空冷はやっぱ楽しいわー自分の腕次第でどうとでもなる。気持ちよくコーナー曲がれた時なんか思わずニヤニヤしてまうわ。
・ほんまにパナメーラってすごいなぁー。こんなに大きいクルマやのに、まるでGT3のように感じる瞬間が多々ある。ほんまにすごい

などなど…。まぁポルシェはとても良いお値段するのだから、一度乗って感激が終わるのではなく、それくらいながーく感激し続けてもらわんとなw

その上で、夫は、空冷ポルシェと水冷ポルシェについてよくこんなことを言う。

空冷と水冷って、一見すると全然違うポルシェのように感じると思うんや。空冷は、アクセルの微妙な開閉とかブレーキの踏み方ひとつで、いかようにでも走ってくれる。運転技量がそのままクルマの運動性能に比例するから楽しい。
一方最新のポルシェは、性能が向上して、クルマが介入する場面も多く、空冷よりも安定しているし、パワフルやし、速い。そのクルマとしての圧倒的な完成度や高性能に毎回感動する
だから、空冷の964ばかり乗ってると、GT3とか要らんのんちゃうか?とか、GT3ばかり乗ってると、ボクスターや空冷は要らんのんちゃうか?、またパナメーラに乗ると、これ一台でええんちゃうか?と思うんや。それが乗り替える度に延々頭の中で繰り返される。マジで。
でもな、最新の911に乗っても、30年前に作られた964に乗っても、シートに座りハンドルを握った瞬間の「ああ…ポルシェだ」という感覚は一緒なんや。すごい不思議なんやけどな。

と。なるほど確かになぁーそう言われるとなんだかわかる気がする。今度夫に「空冷ポルシェと水冷ポルシェ、両方乗ってみて感じること」について、レポートしてもらおうかな。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. テツ

    Minaさん こんにちは。
    いつも興味深く拝見させていただいています。

    車好きの友達とは結構話題になります。
    空冷か水冷か。

    一般に、25年、それ以上前のものと最新のものを比べること自体、
    通常は考えれないことだと思います。
    それでも水冷・空冷の談義になるのは、
    空冷ポルシェが
    それほどの完成度と味わいがあるからだと思います。

    最新の992でも継承されている水平対向RRエンジンなどのほか
    新たに空冷時代をオマージュしたインパネ、ボンネットの形状。
    昨年のポルシェクラシックゴールドプロジェクト。
    いずれもポルシェの作り手の強いポルシェ愛を感じますし、
    ポルシェの歴史への敬意を感じます。

    ブログ上の空冷時代で完結とか乗るたびに心踊る感覚
    また、「自分が所有するポルシェが、最高のポルシェだ」
    は、全くもって同感です。

    そんなわけで、私にとって最高のポルシェは 964 です。

    • MinaMina

      テツさん
      いつも有難うございます!

      >それでも水冷・空冷の談義になるのは、
      >空冷ポルシェが
      >それほどの完成度と味わいがあるからだと思います。

      確かに、おっしゃるとおりですね!
      普通の製品で、そんな昔のものと比較して話するものなんて、あまり無いですよね。

      おっしゃるように、992にも空冷時代のものが色々反映されていて、
      技術者や設計者や皆さんのポルシェ愛を感じる度に、なんだかじ〜んとします。

      そういうことを考えれば考えるほど、
      ポルシェってすごいなーと、深いなーと、私は本当にまだまだ全然ポルシェのことを知らないんだろうなぁと思わされます。

      >んなわけで、私にとって最高のポルシェは 964 です。
      素敵です^^!!
      引き続きよろしくお願いいたします!

  2. yone0531

    MInasさん こんばんは。

    毎日のアップお疲れ様です。毎日このブログを読むのがルーティーンになっています!
    ところで、今回のブログは特に興味深く読ませて頂きました。ご主人のポルシェ好きは凄いですね。
    空冷、水冷、オープン、セダン、これでMinaさんが、マカンもしくは、カイエンなら フルコンプリートですね。
    どうなんでしょう。車好きは全国に沢山いると思いますが、1つのメーカーにこだわって4台所有されている方も
    あまりいらっしゃらないと思います。ポルシェ好きでも、空冷、水冷の2台持ちくらいでは?
    それこそ、ちょっと前の記事の 「熱量」なんでしょうね。いや~ホントご主人には、尊敬の念を抱きます!
    ポルシェは、乗ることはないですが、やはり 最新は最良なんでしょうね。いや~素敵すぎです!

    • MinaMina

      yone0531さん

      いつも有難うございます!
      ブログ読者の方の中にも「まるで朝刊読むような感じで、朝起きたらブログを読んでいる」という方もおられて、
      有難いなぁと思っています^^

      夫のポルシェ好きは本当にやばいなぁーとそばで見ながら思いますが、
      これだけいろいろなクルマに乗ってもなお、
      ドライバーを魅了するポルシェというのは、とんでもないクルマだなぁと改めて思っています。

      確かに、夫のクルマにかける熱量はハンバ無いですね(笑)
      妻としては、これからもその熱量を維持して、頑張ってもらいたいです(笑)