マニュアル車の運転の課題を指摘され、ドライビングテクニックを磨きに行くことになった件

ポルシェ・ボクスター

マンホール踏みすぎ

先日、私の運転でボクスターを走らせていた時、夫にこんな風に言われた。

なんでそんなマンホール全部踏んで走るん(-_-)?

と。「え、マンホールなんてあった?全然見えてなかったわ」と答えると、

軒並み踏んでたで。特に凹凸のあるマンホールの場合は、できるだけ踏まずに走った方がええと思う。

と言われた。

その後、マンホールを踏まないよう意識して走ってみたが…このマンホールの数の多いこと多いこと。「10メートルおきにあるのではないか」というくらい多い上に、ちょうどタイヤが踏んでしまうくらいの場所に設置されている。

また、シフトチェンジして走行しながら、マンホール見ながら、周囲も確認しながら…だとやることが多すぎて私が思わず、

あかん、避けようとしても無理や(゚д゚)!

と言うと、

別に全部無理に避けんでもええけど…ほんで、もっと先を見て運転せな。近くのマンホールばっかり見て運転するから、無理なハンドリングになってまうんや。

と。

マンホールを踏まずに走りたい

というわけで、マンホールとクルマのタイヤの関係について調べてみたのだが、

・タイヤはゴムなので、鉄の上ではグリップがほとんど効かず、滑る。
・日本に設置されているマンホール蓋は、下水道用だけで約1500万個あるが、約300万個が国の定める標準採用年数(30年)を超えており、老朽化が懸念されている。
・雨天時、マンホールの蓋は滑りやすくなるので、自動車のタイヤがスリップして事故を起こしたりする事がある。特にバイクライダーは、晴天時であってもマンホールの蓋は「基本的に避けるもの」である。
・少し盛り上がりのあるマンホールを、減速しながら通過したところ、自動車の底面にあるオイルパンがマンホールの角と接触・破損しオイル漏れを起こした。
・マンホールなどの突出などにより、車がパンクするといった事故が起きている。

とあった。周りにクルマがいない状態ならまだしも、対向車や後続車がいる時にクルマがスリップしてしまったら、周りを巻き込んだ大事故にも繋がりかねない。そういった意味でも、やはり「マンホールを踏まずに走ることを意識する」に越したことはない。

また記憶に新しいのが、今年のF1第4戦アゼルバイジャンGP。走行中のマシンがマンホールの蓋を踏んだところ、マンホールの蓋が外れてフロア下をヒットし、破片が飛び散り、レースが赤旗中断になったという事故もあった。

FIAは「締め具が壊れたためにマンホールの蓋が緩んだ」と説明したそうだが、マンホールの蓋って侮るなかれなんだなぁ。

また、とある記事には、

雨の日にはマンホールの蓋とアスファルト舗装におけるグリップ差は大きくなる。摩擦係数の違いもあるし、アスファルトでは多少は雨水が染み込むが、鉄板の上には水が溜まってしまうという違いもある。そのため、あえてマンホール蓋をタイヤで踏む必要はないし、避けられるのなら避けたほうが安全につながる。
*出典:たまに見かけるマンホールの蓋を避けて走る車、踏まないほうがいいの?

と書かれていた。

なるほど…でもマンホールを避けて走るって結構難しいよなぁ。マンホールに気を取られるあまり、前方不注意や対向車線にはみ出して走行してしまったら意味が無いけれど、これから秋冬を迎えるにあたっては、極力踏まずに走りたいものだ。

次のページ→とある出来事から、ポルシェドライビングスクールを受けに行くことになってしまった…

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 10 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. イシ

    記事を読んで、自分もMT始めたばかりの頃よく「ニュートラル戦法」(笑)を使ってたことを思い出しました。
    でもご主人がおっしゃるっとおりで、ニュートラルはとっさの時に車を発進・停止させるる必要があるときに危険を伴うので今はやってません。道が空いていて、前後に全く車がないときにニュートラルに入れてPDKのコースティングを真似することがありますが、燃費に役立つのかな?

    PTE、以前PDEと呼ばれていた頃のwarm upに参加したことがあります。確か一番下のクラスでしたがそれでも十分刺激的で、フル加速と急停車で生じるGでえらく披露したことを覚えてます。万全の体調で参加できるといいですね。

    • MinaMina

      イシさん

      MT運転自体には慣れてきたのですが、ポルシェという存在に完全に怖気づいていると言うか、
      同じMT車ですし、普通にボクスターは運転しやすいのですが、完全に雰囲気にのまれてる感があります(笑)

      にしてもニュートラル戦法はやっぱり駄目ですよね…!

      warm upに参加されたのですね!
      プレシジョンも、やる内容は結構似ているようです。

      当日、頑張ってきます!

  2. バーダック

    初めまして。
    マンホールは雨の日は滑りやすいので、私も避けて走ります。
    高速道路の橋脚の継ぎ目で、鉄部になっているところも滑りやすくて、ヒヤッとする時もあります。
    とくにコーナーになっているところの継ぎ目は慎重になります。

    • MinaMina

      バーダックさん

      >高速道路の橋脚の継ぎ目で、鉄部になっているところも滑りやすくて、ヒヤッとする時もあります。

      おっしゃるように、高速道路の継ぎ目のところは怖いですよね…
      私もひやっとした経験があります。
      マンホールや、継ぎ目部分、とくに雨の日は気をつけようと思います!

  3. エスタ

    Nに入れて走るのはニュートラル戦法と言うんですね。初めて知りました。
    僕はMTでも割と使いますが、道路状況などから、自車、他車ともに車線変更などの選択肢がないと確認できた時にだけ使うようにしています。
    僕は普段のドライブで、周りで走っている人は次に何をしたいのかな?左に寄ってるから左折するのかな?などを観察、予測をするようにしてます。観察好きなのもありますけどね(笑)
    あと、余裕はできるものではなく、作るものだと思っています(笑)

    Minaさんがボクスターを鮮やかに操り、颯爽と走る姿を楽しみにしています!(^^)

    • MinaMina

      エスタさん

      >Nに入れて走るのはニュートラル戦法と言うんですね。初めて知りました。
      いえ、勝手に夫婦で言ってただけです(笑)
      エスタさんがおっしゃるように、状況を確認しながら、適切な操作をすることが本当に大切だなと思いました。

      MT車の運転自体には慣れてきたのですが、
      ポルシェとなると完全にその存在に飲み込まれてしまっているので…(笑)
      しっかり慣れていきたいと思います!

      また芦有でお会いできること楽しみにしております!

  4. PorscheDreamer

    こんにちは。ニュートラル戦法ですか。
    昔は走行中は必ずギアを入れておけと言われたものですが,今やPDK等が勝手にクラッチを切ってコースティングする時代なので,マニュアルでもいろいろ試してみたりしています。邪道だと言われるかもしれませんが。

    将棋などでプロがAIを参考にすると言いますが,イメージ的にはPDKを参考にしてみるというのはありなんじゃないでしょうか。私はほとんどPDKの経験がないのでかなり推測ですが,PDKはコースティングしていても次の操作に応じて瞬時に最適なギアが選ばれるのだと思います。マニュアルのニュートラル戦法?でも常に車速を意識して,必要なときに最適なギアに入れられれば良いような気がします。シフトレバーの動きだけでいえば,ニュートラルから入れるのはほぼ半分の操作ですし。仮に50km/hから減速しつつコースティングさせたとして,市街地でちょっとした加速がほしい場合,私の991.2の場合は,40km/hなら4速,30km/hなら3速に入れればOKといった具合です。40km/hでも素早い加速がほしければちょっとブリッピングしつつ2速とか。ただ6~7速でのアクセルオフとコースティングで燃費の違いはわからないくらいのようなので,わざわざコースティングすることもないかなと思い初めています。意識されているのは車速とそれに合わせたギアだけなので,コースティングかどうかはあまり関係ありません。

    • MinaMina

      PorscheDreamerさん

      いつも有難うございます!

      >イメージ的にはPDKを参考にしてみるというのはありなんじゃないでしょうか。

      なるほど…確かにそれはおっしゃるとおりですね。
      PDKは、たしかにその状況に応じて瞬時にギアを選び、滑らかにかえてくれているので、
      それと同じような動きができるように意識できたらいいんですもんね。

      まだまだ「ポルシェのMT車」というだけで、雰囲気でかなり怖気づいている部分があるので、
      これからは、ポルシェのMT車にもたくさん乗って、なれていけるといいなと思います。

  5. Tap

    PTEにご参加ということで、もしかしたらMinaさんご挨拶できるかもと期待したのですが、当然関西でのご参加ですね・・・。

    私は10月の富士のPrecisionに参加してきます

    欧州メーカーのトレーニングプログラムはそのメーカーのクルマの特性に合わせたカリキュラムになっていることが多いので、今からとても楽しみです。(メニューからだとほぼ2速固定だと思いますが)

    レーシングコースの富士と空港跡の関西でが違うのだろうとPTEのWEBを見たら、富士の本コース体験走行の代わりに、関西ではフルスロットルチャレンジと最新モデル試乗があるようですね。

    (先導ペースにも依りますが)やたらコース幅の広い富士の本コースの体験走行はあくびが出る・・ほどではないにしろ結構退屈なので、関西のプログラムの方が良さげに見えます。

    PTE参加のアップが今からとても楽しみです!

    • MinaMina

      Tapさん

      >私は10月の富士のPrecisionに参加してきます
      おぉーそうなのですね!
      実は、夫が10月の富士のMasterを受講するので、家族でついていこうと思っていまして、
      ただ日程がプレシジョンとは違いますよね…残念>< また、プレシジョンどのような感じだったか、ぜひ教えていただけると嬉しいです。 >富士の本コース体験走行の代わりに、関西ではフルスロットルチャレンジと最新モデル試乗があるようですね。
      確かに、富士のコースを先導されて運転するのは、慣れた方だったらもっと飛ばしたくなりますよね^^;
      空港でクルマを走らせるなんてしたこと無いので(当然ですがw)、今からドキドキ・ワクワクしています。

      またブログにアップいたします!