今こそ、ポルシェに乗ろう – 欧州のガソリン車の生産終了を受けて

ポルシェのある生活

ポルシェ、ガソリン車

先日ブログにあるメッセージを頂いた。海外で車業界のお仕事をされている方で、将来ポルシェが欲しいと思いネットで探したところ、このポルシェブログに辿り着いてくださったとのことで。そしてメッセージの終盤に、このようなことが書かれてあった。

ポルシェもあと10年以内に買わないと…欧州の化石燃料車規制でガソリン車の生産が終わってしまいます。恐らく日本人が思っている以上にその日は早く来きます。ポルシェのエンジン音を轟かせる事が出来るのは後10年かと思うと複雑な気持ちになります。

と。そうか…なるほどなぁ。

少し調べてみると、ノルウェー・オランダでは2025年に、ドイツ・アイルランド・インドでは2030年に、フランス・イギリス・スペイン・中国では2040年に、ガソリン車・ディーゼル車の販売が禁止されることが決まっているそうだ。

2025年なんて、もうすぐやん(゚д゚)!

ちなみに都市ごとに見ると、「アムステルダムは2030年に全てのガソリン・ディーゼル・プラグインハイブリッド車の通行禁止」、「ロンドンは、2030年にガソリン・ディーゼル車の中心地への乗り入れ禁止」などと書かれてあった。

ノルウェーやスウェーデンといった国は、電気自動車もかなり普及しており、充電インフラも整っているので「この動きは欧州のみなのかな〜」と思っていたが、ロサンゼルス、シアトル、バンクーバーといった北米の大都市でも、2030年にはガソリン・ディーゼル車の中心地への乗り入れ禁止になるそうだ。

*出典:各国のガソリン車・ディーゼル車販売禁止の状況

今こそ、ポルシェに乗ろう

日本にこの流れがやってくるのはまだもう少し先のような気がするけれど、国際情勢を考えると、日本もこの方向に行かざるを得なくなるのは事実だ。そうなると、都心でガソリン車を所有すること自体が、無理になってしまうのかな。

郊外の住宅では、たとえガソリン車を所有できたとしても、目的地付近が乗り入れ禁止だった場合、今のように自由に好きな場所に行けなくなってしまうことも出てくるだろう。

思い返せば「たばこ」に関しても、喫煙スペースが少なくなり「喫煙者は隅に追いやられて肩身の狭い思いをしている」と耳にすることがあるけれど、将来的にはガソリン車も、「臭い、うるさい、環境に悪い、迷惑だ」と言われて、隅に追いやられてしまうのだろうか…。

そんな未来を想像すると、正直寂しい。

とはいえ、地球環境のためにも、電気自動車に移行していく必要があるのは理解できるので、なかなか悩ましい問題だなぁと思う。

実際ポルシェも、次に発売されるマカンやカイエンは電気自動車になると言う噂もあるし、パナメーラあたりも次第にそうなっていくのだろうなぁ。そういえば「911が、ポルシェで最後のエンジン搭載車になるだろう」と、先日自動車評論家がおっしゃっていた。

また加えて、日本の名道に関しても「今まで有料だったところが無料化され観光客が増えて路面が荒れてしまった」「バイパスが通ることで取り壊される道が増えている」といったことも聞く。

今までは「いつかあの道を走ってみたい、いつか○○に乗りたい」と思っていたけど、いつかではなく乗れるうちに、行けるうちに、乗っておかないといけないんだなと、今回ブログに頂いたメッセージを読んで実感した。

わが家はまだ子ども小さいが、「子どもが大きくなってから…」なんて言ってたら、10年なんてすぐだ。そんなことを言っているうちに時代は変わってしまう。

今この瞬間を大事にしながら、ポルシェを運転できる有難さを噛み締めながら、これからは運転していきたいと改めて思った。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 6 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. イシ

    少し前に、娘の同級生の男の子(10歳)をいろんなポルシェに乗せる機会がありました。
    私の自宅からディーラーまでは981ボクスパ。そこでオイル交換のため入庫。その時ディーラーのご好意で車好きの少年のために、カイエンと992を試乗させてもらい、帰りはパナメーラで帰りました。

    少年に「4種類ポルシェ乗ったけど、どれが一番よかった?」と聞くと、「911(992)が一番だった、将来頑張って買いたい」と言っていました。992は自分にとっては少し人工的な味付けがすぎるように感じたのですが、少年の心をつかんだのでポルシェは今の時代にあったサウンドを作ったんだなと思いました。

    少年が車を買える頃には憧れの911はもうないかもしれないと思うと少々寂しいですが、タイカンの動画レビューを見るとEVも悪くないと期待させてくれます。
    地球温暖化にCO2がどれだけ関与してるのか、車をEVにすることでどれだけ削減効果があるのかわかりませんが時代の流れは完全にEVですね。
    今のうちに911買っておこうかな(ボソッ)。

    • MinaMina

      イシさん

      そうなんですね!なんとラッキーな少年…!
      10歳の感性が素晴らしい時期にポルシェに乗ることは、きっとその後の人生に大きな影響を与えるんだろうなぁと読みながら思いました。

      私は、981ボクスパのエンジン音がダントツで一番好きですが(笑)、やはり今の若者だと違った感性なのですねー
      そういった意味でもポルシェはすごいのだなと思いました。

      空冷から水冷になる時も、当時のポルシェオーナーはこんな気持だったんですかね。
      確かに、タイカンには大いに期待が膨らみますね^^

  2. こんにちは。いつも楽しく拝見しています。
    こちらのブログに触発されて、918ケイマンのMTを手に入れました。
    本当に楽しいです。ありがとうございます。
    ところで、上記のガソリン車の話ですが、東京都ではガソリン車の販売を2040年までに終えるとしていたと思いますよ。
    また、マンション等にEV充電設備を設置する場合、ほぼ100%の補助金が出るようになっています。
    確実にEVへの流れが動いている感じです。
    私も、ケイマンで夜の首都高を流すことがよくありますが、だんだん変わっていくのでしょうね。
    少なくとも都内では、歩きたばこと同様に改造車の爆音は怪訝な顔で見られるようになった気がします。
    マフラーもタバコもマナーが必要な時代だと思いますね。

    • MinaMina

      Kさん
      いつもブログをご覧いただき有難うございます。

      >こちらのブログに触発されて、918ケイマンのMTを手に入れました。
      >本当に楽しいです。ありがとうございます。
      おぉーそうなんですね!!!こちらこそ有難うございます!
      それを聞いてとても嬉しいです。
      先日のポルシェのドライビングスクールで、981ケイマンの後ろの順番だったのですが、発進の度にめちゃくちゃ気持ち良いエンジン音を真後ろで聴けて楽しかったです。

      >上記のガソリン車の話ですが、東京都ではガソリン車の販売を2040年までに終えるとしていたと思いますよ。
      >また、マンション等にEV充電設備を設置する場合、ほぼ100%の補助金が出るようになっています。

      そうなんですね!!!なるほど…着実に進んでいるのですね…
      日本だったらまず東京にその流れがやってきて、ちょっと遅れて名古屋、福岡、大阪あたりとかに来るのでしょうか…

      おっしゃるように、マフラーもタバコも、マナーが必要な時代ですよね。
      自分が楽しみつつも、周りの人も不快にならない配慮が要りますね。

  3. 財神到

    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    この度は引用頂き光栄です。
    皆さんやっぱりブログに触発されて購入されているんですね。私も早く買いたいです。

    ブログを読めば読むほど乗りたくなりますし、このブログにもディーラーに行ったら最後と書いてある通り、買うお金が無ければ諦めも付きますが、なまじあると買ってしまいかねないのでディーラーにはまだ行っていません。

    香港で買ったところで走る所が限られてますしね。日本で買えば香港より安く買える上に走る場所が豊富でしかもドラインビングスクールまである。買うなら日本です。でもポルシェの為に日本に帰る訳にもいかず、出口の無い堂々巡りは今日も結論が出ないまま、XーDAYは確実に近付いています。 

    • MinaMina

      財神倒さん

      こちらこそ、引用させていただき有難うございます。
      いただいたメッセージから、ネットで情報を調べているうちに、色々と考えるきっかけになりました。

      ポルシェディーラーに行ってしまうとやばいですよね。。
      私の周りの方も、まだ先だと思ってふらっと行ったら、思い切って買うことになってしまった!という方がおられます笑

      私の場合はまだ先立つものがなくて行っても買えないので逆に行きやすいです笑。

      何かのタイミングで、日本に帰国できることになられれば、
      ぜひ、ポルシェディーラーに足を運んで見られてください^ ^