BMWの(DRL)デイライトを有効にしてみた!

BMW

BMW320iのデイライト

今日は、BMW320iのデイライトについての話。私の初の愛車となったBMW320iだが、2014年型なので、納車された時はデイライト機能がスリープ状態になったままだった。(ちなみに、ボクスターのデイライト機能ONについては下記の記事で書いています)

ポルシェのデイライト(DRL)について – 安全のために出来るだけライトは点けよう

デイライトとは「安全走行のために昼間につけるライト(英語ではデイタイムランニングライト/ランプ)のことだ。私は日頃から高速道路を走ることも結構あるので、安全のために、この度デイライトの設定をONにすることにした。また、普段からデイライトがついている方が、クルマを前から見たときにとてもカッコよく見えるので。

PLUG DRL+

今回わが家のBMW320iに取り付けたのは、コードテックCAMのPLUG DRL+ for BMW(PL3-DRL-B001)だ。

created by Rinker
PLUG CONCEPT!(プラグコンセプト)

このプラグをクルマに取り付けると、車両設定メニューにデイライト機能のON・OFF項目が追加され、任意でデイライトON/OFFの操作を行うことができるようになる。

また、ドアロック連動ドアミラー格納の際に、キーまたはドアロックボタンを長押しせず、ワンタッチでドアミラーを格納できるようになるとのこと。そりゃいいなぁ。

実際の作業は「車両のOBD2ポートにプラグを差し込むだけでOK」なのでとても簡単。プラグを差し込み、点灯しているランプがグリーンからイエローになれば完了だ。また、リカバリーモードが搭載されているので、製品を挿す前の車両状態に簡単に戻す事も出来る。

というわけで、早速やってみた。

320i デイライトON

簡単とはいえ、私が機械系の設定をすると、かなりの確率で予期せぬことが起こったりうまく作動しないことがあるので、今回は夫にやってもらうことにした。まず、OBD2ボードにPLUG DRL+のプラグを差し込む。

最初はランプがグリーンに点灯しているが、すぐにイエローに変わる。

その後、タッチパネルのライトのデイライトにチェックをいれ、

前から確認してみると、問題なくデイライトが点灯してくれた。(日中に作業したので少しわかりにくいが)

やはりデイライトが点灯すると、フロント周りがキリッとしてとてもかっこよくなる。

以前、981ボクスターGTSのデイライト機能をONにした時、夫が、

ポルシェは加速力やパワーがあるから、あっという間に法定速度に達してしまう。そんな時に、先行車が後ろに気づかず急な車線変更をしてくると危ないから、「先行車や周囲に早めに気づいてもらうため」にも、デイライトはつけといたほうがいい

と言っていた。
最近、心痛む事故のニュースが多いので、兎にも角にもまずは安全運転を意識して走るようにしたい。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 左近

    コーディングしましたね^_^
    ドアミラーの格納、車検時にidriveをアップデートしてリセットされて戻って来た時、地味ではありますが、瞬時格納に慣れていると長押しが面倒に感じました。
    こういう小さなモディファイも楽しいですよね。

    • MinaMina

      左近さん

      ドアミラー確かに、長押しだと面倒に感じますよね(笑)
      ちょっとずつわが家仕様になっていくのが面白いです^^