母だって、たまには思うがままに芦有ドライブウェイを走りたい。

ポルシェ パナメーラ ハンドル
車好きな夫を持つ妻の考察

めったにないチャンスが

昨日は仕事を早々に切り上げて、夕方から長女と次女を皮膚科に連れて行った。診療を終えて帰宅しようという時に、ふと思い出した。

そうだ、今日は夫が晩御飯要らん日だった。惣菜でも買って、ガソリンいれて帰るか…。

と車を走らせていると、なんと娘たちが2人ともすぐに爆睡してくれた。

チャ、チャンス…!!

わーきゃーいわずに2人とも爆睡してくれるなんて、なかなか無いことだ。とはいえ、母としては「もうすぐ18時なのに、晩御飯も食べさせずに小さな子ども2人を連れ回す」なんて、少し罪悪感にかられてしまうのも事実。

でもなぁ…今すぐ帰宅して、せっかく寝てたのに起こすなんて、子どもたちが可哀想。子どもたちの為にも1時間くらいはドライブ行ったほうがいいよなぁ。

と、心の中で綺麗に言い訳が成立し、自宅には向かわず少し遠回りして帰宅することにした。ただ遠回りしてみたのに、こんな時に限って信号にひっかかることもなく渋滞もまったくなく、あっという間に自宅周辺まで帰ってきた。

えーもう終わり…?全然物足りない(-_-)

H3見出しa

娘たちは相変わらず爆睡している。今日は夫も晩御飯が要らない。ということで、自宅とは逆方向の芦有ドライブウェイへ車を走らせた。

平日の夕方17時台の芦有ドライブウェイ。車は殆ど走っていない。芦有ドライブウェイの料金所までは、結構な急カーブが続くのだが、それを超えると心地よいカーブも多くなる。そこからはパナメーラを解き放ち、ぐーっと加速させる。

さすがはポルシェ、1ミリのずれもなく、差し込むようにカーブを曲がり、山道を一気に駆け上がる。

「子どもが寝ているから、そうっと曲がったほうがいい」など一切心配する必要もなく、奥池あたりはの緩やかな長い上り坂で一旦スポーツモードにして、アクセルをぐっと踏み込む。(でもたまに警察いるから注意)

あ〜気持ちがいい〜。なんと素晴らしいクルマなのでしょう〜。

…と思って走っているうちに、パナメーラはあっという間に展望台に到着した。そこには1台フェラーリがいて、何となくお互いの車を意識し合いつつ、(と私が思っているだけかも)ほどなくしてフェラーリさんは、エンジンをブォンブォンふかながら去っていった。

頂上には私たちだけ。夕焼けもキレイだ。

…とはいえ寝ている娘たちを起こすのは面倒だし、車に置いたまま離れるわけにもいかないし、滞在時間1分ですぐに帰路についた。でもまぁ、満足な快適ドライブだったかな。

自宅の近くにドライブウェイがあるっていいなーと改めて思う今日このごろである。

 

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。