ケイマンGT4で鈴鹿サーキットを爆走してみた-といってもPS4。

サーキット
早速PS4で走ってみたぜ。

昨日の記事に書いたのだが、夫から「ボクスターGTSをマニュアルで乗るなんて100年速い。まずは、プレステのグランツーリスモで、PDKかマニュアルかで何の問題もなく走れるようになってからだ」と言われたので(ちょっと表現を誇張し過ぎたか…記事全文は以下)、

→ボクスターGTS(マニュアル)を乗りこなせるようになるその日まで-Vol.1

負けず嫌いに火がついた私は、早速昨日、家にあるPS4のグランツーリズモスポーツをやってみた。

普段は確実に「オートマ」を選ぶところだが、ちゃんと「マニュアル」を選択し、ロードスターやゴルフで走ってみたのだが…いまいちよくわからない。完全にクラッチから足を離してしまったのにエンストしないし、完全周回遅れでサーキットの真ん中で止まって坂道発信の練習してみたりしたが、なんなのかよく分からないままゴールして終了(-_-)…。

夫の見解と私の理解の相違。

ということで、昨日仕事から帰宅した夫に「なんかようわからんかった」という話をしたところ、

「あのマニュアル操作の機械は、PS4の別のソフト用のやつや。グランツーリズモの場合は、パドルシフトでやったらいいねん」

と言われ、ぶつぶつ言っていると「じゃあ今から練習しよう」ということになり(運良く昨日は娘たちが二人とも早く寝てくれた)、「とにかく走りを見せてみろ」と言われ、とろとろ運転しながら、2速、3速、はい、減速ー止まるーみたいな運転を見せた。

すると夫は「あーなるほどな、分かった分かった。」とうなづきながらこう言った。

僕が昨日言いたかったのは、教習所で習ったような練習をしろということじゃない。パナメーラで言うなら、「スポーツモードで走る感覚を、自らパドルシフトを操作することで体感しろ」ということやったんや。高回転で引っ張ったらどこまで加速するのかとか、コーナーに入る前は減速してシフトダウンして、コーナー後の加速を一気に行うとか、そういう走り方をパドルシフト操作で体感してみろということやったんや。

…って、

昨日そんなこと言ってなかったやん(,,゚Д゚)!!

いや私はどう考えても「1を聞いて10を知る」みたいな賢い人間じゃないし、そんな行間とか読めないし、車のことも詳しくないので、丁寧に説明してくれんと分からんッス┐(´д`)┌

結局、ケイマンGT4で鈴鹿を走ることに。

ということで、夫がゲーム内で作ったケイマンGT4(TOPの画像がそれ。夫の会社のロゴとか入ってるのでそのあたりは消してる)、ある程度シフト操作を要する鈴鹿サーキットで走ってみることになった。

まずは夫が見本を見せてくれて、

頭では理解できた上で、運転を交代。


(ハンドル握るの力入れすぎて腕の筋肉が浮き上がってる…)

最初はあたふたして、もう何をしているのか全くわからなかったのだが、だんだん掴めてきて、

・4000回転でも車ってこんなにスピード出るんだ!(まぁケイマンGT4やからな)
・自分のタイミングでギアを変えて走るって楽しい!

と色々感激し、結構楽しく走ることができた。ただ、慣れないことをしているのですぐに疲れてしまって、30分後にはレッスン終了。

マニュアル車で走る喜び。

そして今朝。仕事に行く前に、娘たちを幼稚園と保育園に送りに行って、その後は駅チカの駐車場に車をとめて電車移動することにしたのだが、その道程をパドルシフトで運転してみた。とはいえパナメーラターボはパワーがありすぎて、またゲームではなくリアルなので全然感覚は違ったが(そらそうだw)、国道に入って自分のタイミングでシフトチェンジして加速すると、めちゃくちゃ気持ちよくて面白かった。

なるほどなぁー。マニュアルで運転するのが面白いってこういうことかぁ。

夫がマニュアル車にこだわる理由が少しわかる気がした。しばらくはゲームで感覚を掴めという司令が出ているので練習しつつも、週末あたりはボクスターGTSを実際にマニュアルで運転してみたいなぁ。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。