新型ポルシェ911(992型)に待望のマニュアル仕様が登場

ポルシェ・911

新型ポルシェ911(992型)マニュアルトランスミッション

本日のPorsche newsにて、新型911(992型)の911カレラSおよび4Sモデルにおいて、7速マニュアルトランスミッションを注文できるようになったと発表があった。

現在注文できるのは、主にヨーロッパ市場のみだが、追加費用無しでMTが選べるようになるとのことだ。

新型マニュアルトランスミッションの特徴

デュアルマスフライホイールとデュアルディスククラッチ(自動調整式)で構成され、SPORTモードとSPORT PLUSモードの両方でレブマッチ機能(オートブリッピング)が有効になる。

また今までのMTモデルと同様、PTVには機械式のロッキング リアディファレンシャルが装備され、マニュアル仕様の911カレラSの性能としては、0-100 km/h加速が4.2秒、最高速度は308km/h。また重量は、911カレラSが1,480kgで、PDK仕様よりも45kg軽くなっているようだ。

モデルイヤー2021からの変更点

また、今回の新しいモデルイヤー(2021)の911では、これまで911では利用できなかった新しい機能が追加されているそうだ。パナメーラやカイエンでは既に提供されている「イノドライブ」や、フロントアクスルの新しいスマートリフト機能(オプション)などが含まれる。

イノドライブ(InnoDrive)

これは971パナメーラ登場の時からあったオプションだが、今回、992でも選択できるようになった。ちなみにパナメーラのイノドライブは日本では選択できない。今回も地図情報の関係でおそらく日本市場での導入は期待薄ではないかと個人的には考えている。

このイノドライブというのは、アダプティブクルーズコントロールの拡張機能だ。ナビゲーションの地図データを使用して、次の3kmの最適な加速値と減速値を計算。コーナーと勾配を考慮し、エンジン、PDK、ブレーキを自動で制御しながら、よりスムーズな運転を手助けしてくれるというものだ。

スマートリフト機能

このフロントアクスルのスマートリフト機能では、ボタンを押すと自動でフロントエンドを持ち上げることができるが、GPSがその位置を記憶し、再びその場所に近づいた時、自動的にフロントエンドが持ち上がる(40mm)システムになっているそうだ。

これはテスラなどでも装備されている機能で、とても便利だと思う。

新しいタイヤ温度管理システム

ターボSで導入されたタイヤ温度管理システム(new tyre temperature indicator)がスポーツクロノパッケージの新機能として導入される。これはタイヤ温度が低い場合、青いバーが表示されグリップの低下を警告。タイヤが温まると、インジケーターの色は青白に変わり、タイヤが暖まり最大グリップが得られると白に変わるというものだ。

軽量静音ガラス(Lightweight and Noise Insulated Glass)

これを選択すると、フロントガラスやリアガラスなどの全てのガラスが変更され、4kg以上軽量化されるそうだ。しかもロードノイズや風切り音の抑制に効果があるという。992を以前試乗した時、ややタイヤのロードノイズが気になったので、もし静かなクルマがお好みの方は選んでみるのもいいかもしれない。

911ターボSで導入された『レザーパッケージ930』が選択可能に

また今回から、911ターボスタイルの”レザーパッケージ930″を、オプションで選べるようになった。これは、最初のポルシェ911ターボ(タイプ930)をイメージしており、選択することで、色、素材、個々の機能の強化が調和した内装デザインになる。

新型911ターボSの内装

パッケージには、フロントとリアのキルトシートセンターパネル、キルトドアパネル、ポルシェエクスクルーシブマニュファクトゥルのポートフォリオからのその他の豊富なレザートリムが含まれている。

日本市場への導入は?

今のところ、日本市場での導入の発表は一切ない。以前、ポルシェジャパンの方から聞いた話によると、992ではMT車の導入の可能性は低いと伺ったことがある。

聞いたのはかなり前だったので、現在はどういう状況かわからないが、いずれにせよ最近のポルシェジャパンのMT排除、左ハンドル排除の流れから考えるとあまり期待できないかもしれない。

ただこのことに関して夫は、

ポルシェ車はとても趣味性の高いクルマなので、ぜひ、MT車の導入は前向きに検討してほしいと切に思う。確かに日本で数は売れないかもしれないが、日本にも一定の昔からの『ポルシェ純粋主義者』は存在する。
数の論理や効率性だけで、他の市場のユーザーとクルマの選択肢に不公平があってはならないと思う。
ぜひ、その方たちを裏切らないようしてもらいたい。私はその純粋主義者の末席ではあるがブログを通じて、ここにポルシェジャパンにお願いしたい。

と言っていた。

992のMT車、日本に導入されるといいなぁ。

*記事・画像出典:Porsche newsroom「Seven-speed manual transmission and a host of new equipment options」

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. しゅう

    こんにちは
    いつも楽しく拝見しております。
    私も気になるところで思わずコメントしてしまいました。
    991から始まったPDKベースの7速MTはあまりいい情報がないのですが実際のところどうなんですかね?
    搭載車も実車を見たことが無く、まわりにも乗っている人がいないので生の意見を聞いたことがありません。
    いつかの試乗記を楽しみにしていますね!

    • MinaMina

      しゅうさん
      いつもブログをご覧いただき有難うございます!

      >991から始まったPDKベースの7速MTはあまりいい情報がないのですが実際のところどうなんですかね?
      そうなのですね!私も乗ったことがないので、ぜひ運転してみたいところです。
      もし、乗れる機会があれば、またブログに書かせていただきます^^

  2. ウーパー

    左ハンドルは望むべくもない。
    しかし、いよいよMTも導入されなくなる
    のでしょうか…
    ポルシェよお前もか!ですね。

    あとは、PJの社長交代で、MTや左ハンド
    ル排除の方針変更が期待できるかもって
    話を聞いているのですが、信頼性どうな
    んですかねぇ。一応関係者の話なのです
    が、希望的観測なんかなぁ。
    Aston MartinはオプションでMT選べるよ
    うになったのにねぇ。

    車はMTにじゃないと困る私。
    もう車を買い替えられないですね。
    今の車たちを手放したら、最終的には軽
    トラしか乗れなくなりそう(笑)

    • MinaMina

      ウーパーさん
      日本でのMT車、どうなるんですかね…
      確かに、昨年社長が交代したから、期待できるんでしょうか(期待したいw)

      >Aston MartinはオプションでMT選べるよ
      >うになったのにねぇ。
      えーそうなんですね!!!

      一度MT車に魅了されてしまうと、
      本当に離れられないですよね…
      私も、やっぱり愛車の320iのMT車につい乗ってしまいます。

      >今の車たちを手放したら、最終的には軽
      >トラしか乗れなくなりそう(笑)
      軽トラ結構楽しそうですよね(笑)