クルマのドアパンチ対策はどうしてる?ー読者の方のコメントを後日共有!

ポルシェのある生活

ドアパンチ対策

先日ブログに、「ドアパンチ対策はみなさんどうされているのでしょうか?」というコメントを頂いた。そうやって考えてみると、以前わが家にあった970パナメーラには、透明のストーンガードフィルムをはっていたけれど、今のパナメーラやボクスターに関しては、特にドアパンチ対策はしていない。

というわけで、ドアパンチ対策について少し調べてみたのだが「広い駐車場を選ぶ」「傷の多い車の横に止めない」「ドアエッジプロテクターを貼る」といった「そりゃ、そうだろうなぁ。」というものしか出てこず…やはりその程度しか対策は無いのだろうか。

またドアパンチ対策のグッズを調べてみたけれど、クルマのデザインを損なうような「実用性があったとしても、これはつけたくないなぁ」と感じてしまうものが多かった。

わが家の対策

ドアパンチに関する対策は3つに分けられる。

①ドアパンチをされない(しない)ための対策(予防)
②ドアパンチされても(しても)傷をつけないための対策(軽減)
③万が一ドアパンチされてしまった後、傷を元通りにするための対策(修復)

だ。ちなみにわが家の場合、①しかやっていないのだけど、パナメーラでスーパーやショッピングモールに買い物に行く時、多少店舗入り口から遠くなったとしても、周りにクルマがいないスペースに停めるようにしている。

ポルシェ パナメーラエディション 970

また例えば左横に壁や柱があるスペースで、左に停められる心配はない場所の場合、右側は白線すれすれに駐車して「この横、絶対停めんなよ!」オーラを全開に出して駐車したり(軽く迷惑駐車やな…すみません)、とにかくリスクをできるだけ減らして駐車することは意識している。

ただ、休日のショッピングモールの駐車場やそこまで敷地が広くないパーキングだと、広々駐車できないこともあるので、その場合は対策のしようがないなぁ…。今のところ、ドアパンチをの加害者・被害者になったことは無いけれど、大事なポルシェには可能な限り傷はつけたくない。

というわけでは、皆さんは日頃から、どのようなドアパンチ対策をされていますか?ぜひコメント欄に皆さんの対策方法やオススメのグッズ等書いて頂きたく、それらの情報は、後日またブログで共有したいと思います。よろしくお願いいたします!

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 6 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. カサマ チカラ

    いつも楽しく拝見しています。
    カイエン957とボクスター981Sを所有している物です。
    自分のドアパンチ予防方法は、
    ①スーパー等の買い出しにポルシェは使わない。
    ②少し歩く事になっても広く開いている場所を探す。
    ③凹んだ車や汚れた車の脇は避ける。
    (逆に考えれば、ボコボコの車で出かければ隣に空きスペースが出来、帰りの乗りこみが楽になるかも)
    ④空きが無い場合出来るだけ高級な車の運転席側の隣に駐車しています。
    (助手席に乗る人はドアの開閉にドライバー程、気を使わないと思えるので)
     
    観光地などでは、駐車場係の人が居るような駐車場を選ぶと係の人が気を使ってくれて、何も言わなくても良い置き場所を選んでくれます。
    (カイエンを買いたでまだ珍しかった頃はホテルの駐車場に置いといたら朝回りにパイロンが立っていたり、駐車場のおばちゃんが私が見ているから置き易いところに停めてもらっていいですよと言ってくれたり、道反対の停めやすい駐車場までわざわざ案内してくれたり、大型車専用駐車場に誘導されたりと楽しいことをたくさん経験しました)

    以前軽井沢アウトレットの端の方にカイエンを駐車して置き、帰りに見たら隣にハマーⅡ、メルセデス、ジャガーなどが並び中古外車販売場状態になっていて笑えました。
    どなたもドアパンチ予防に同じ事を考えているのですね、

    今後とも宜しくお願いいたします。

    • MinaMina

      カサマ チカラさん
      いつもブログをご覧頂き有難うございます!

      >カイエン957とボクスター981Sを所有している物です。

      おぉ!素敵です^^

      >④空きが無い場合出来るだけ高級な車の運転席側の隣に駐車しています。
      (助手席に乗る人はドアの開閉にドライバー程、気を使わないと思えるので)

      あ、なるほど…!これは確かにそうですね!高級車の運転者の方が、絶対にドアのあけしめに気を遣っていそうです。

      >以前軽井沢アウトレットの端の方にカイエンを駐車して置き、帰りに見たら隣にハマーⅡ、メルセデス、ジャガーなどが並び中古外車販売場状態になっていて笑えました。
      >どなたもドアパンチ予防に同じ事を考えているのですね、

      それは、笑えるし分かりますー! 笑
      入り口の近くに停めて、歩く時間が短くなるメリットよりも、多少歩いても車がぶつけられないことのほうがはるかに重要ですもんね!
      結果的に、同じことを考えている高級車が集まるゾーンになるという…

      様々貴重な情報有難うございます^^
      また後日ブログで共有させて頂きたいと思います!

  2. shimoyannjp

     Minaさん、こんにちは~^^)。

     私の996carreraは、世間に登場した際には、993よりも無駄に車幅が広いなどと揶揄されたものですが、今となっては水冷911の中では最もスリムなタイプとなりました。めでたしめでたし^^)。パナメーラは911よりもずっと車幅がありそうで、気を遣うでしょうね。

     それと、ドアパンチされるのはもちろんNGですが、911の場合はドアが長いので乗り降りに慣れるまではこっちがうっかりドアパンチをしてしまうこともありました。隣の軽にごめ~んって謝ったりしてましたが、(911のドアは軽より硬いから、しかも996のドア重いし、結構へっこんじゃったりして^^)。すみません。この場をを借りして謝っとこう。)

     そこで嫌な思いをしないよう、私の場合は一番端のスペースで、白線の外側がフェンスだったりして、フェンスとその端っこの白線までの間が1mぐらいあいてるとこを探して、大胆に白線をまたいで停めるようにしています。そうするとほかのクルマが入ってくるのは反対側の片方だけとなり、こちらがドアを全開しても反対側の白線に届かないので、当たる心配も当ててしまう心配も無くなります。

     パーキングビルなどでは、高階層の割と不便なところまで上がり、白線をど真ん中にまたいで2台分のスペースに停めたりしたこともありましたが、よっぽどすいている日以外はお勧めできませんけどね^^)。

      

    • MinaMina

      shimoyannjpさん
      こんにちは^^

      >911の場合はドアが長いので乗り降りに慣れるまではこっちがうっかりドアパンチをしてしまうこともありました。

      おぉ…それは危険!でも確かに、964に乗ってみて、ドアが途中で止まらず、がん!とあいてしまうので、これは隣に車がいたら、確実にぶつけてしまう…と怖くなりました。
      ドアパンチされるのも、するのも、可能な限りさけていきたいですよね。

      なるほど…端っこに停めるのはありですよね!
      また、高層階の場合、割と不便なところまで上がるのもすごく分かります…!
      高層に行けば行くほど空いていきますし、連絡通路から近いよりも、ドアパンチのリスクを避けるほうがはるかに大事ですもんね^^

      なるほどなーまた共有させていただきますね^^有難うございます!

  3. BUPPA

    妻の駆るカイエンは
    幼稚園に小学校のお迎えの駐車場から習い事の駐車場
    普段の買い物の近所スーパーからショッピングモール、あっちこっちの勤務先の駐車場
    住宅街の中の細い道をなんだか植え込みの木の枝を車の側面にがつがついわせながらびゅーんと走っていきます。
    冬はスキーで雪道のすごい悪路をのしのし行きますし、雪に埋もれてしまったカイエンちゃんを掘り出す事も。

    えーえー、子供達がリュックやランドセルを車にガンガンあてながら車のそばを走り抜けていきます。
    子供達が乗り降りする時、こちらの車にドンてぶつかりながら降りてくるのなんかしょっちゅう、ドビラがドンもよくあります。
    冬の雪の山道を通ったあとは、車の下半分はどろどろ、雪に埋まった車を無理やり脱出させるとそれはもう、細かい傷だらけになります。

    でも我が家の妻はゴンしたあとちらっと見て「あら、傷がついたのね、ふーん。」て程度であとは気にもしません。
    車ですから、それもSUVですから、使ってなんぼ、乗ってなんぼ、多少の傷はよく乗ってる証拠、愛嬌だと思ってる様子。
    べこっとへっこんだめっちゃ目立つ傷はさすがに治しますが、そうでもなけりゃ気にしていちいちいらいらして乗るより、
    どんなシチュエーションでも、使いがってがよくて、運転しやすくて、乗り心地のいいカイエンであることで満足しています。

    我が家のドアパンチ対策は、「ほとんど気にしない事」だというこですねー。

    • MinaMina

      BUPPAさん
      有難うございます!
      奥様、相変わらずかっこよすぎます 笑

      でも確かにカイエンは、欧州ではよくボートを牽引したりするのに使われていると聞きますし、オフロードをガシガシ走ってなんぼな車みたいですもんね!
      そう考えると、BUPPAさんご家族のようにガンガンに乗って使って多少の傷も気にせず…という方が本来の使い方なのかもしれません^^

      ポルシェで雪の山道に行けるっていいですねー
      …ってパナメーラでも行けるんですけど、なんかセダンって雪山にあえて持ち込む気にならないですが、カイエンだったらスキーとか行ってみよう!
      という気持ちになる気がします^^