『ポルシェでツーリングに行く』のではない、『ポルシェとツーリングに行く』のだという件

車好きな夫を持つ妻の考察

一人でボクスターで芦有へ

先日夫が、知り合いの方とお話していた時のこと。「東北にロングツーリングに行ったりする」と言うと「それは、ご家族で?」と聞かれ「いえ、もちろん一人で!」と答えると、驚かれたそうだ。帰宅した夫は、

そんなん当然や。自分一人で行くのが一番ええんやw

とにやにやしながら話していた。

以前から夫は「ツーリングは一人で行くのに限る」とよく言っているが、それを聞くたびに「よっぽど集団行動が嫌なんだな。にしてもほんまに自由人やな…(-_-)」と少し冷ややかに見ていた部分があったが、今では、その夫の気持ちがよく分かるようになった。

先日も、ボクスターで一人で芦有ドライブウェイを走ったが、ちょうど夕日がとても綺麗な時間帯で気候もよく、オープンにして走っているとふいに涙が溢れそうになるほど感動してしまった。

もちろん、同乗者がいて「いいクルマだね、楽しいね」と話しながら走るのもいいけれど、ポルシェに関しては、やはり一人でポルシェと向き合いながら走るほうが、より楽しいなぁと思うのだ。

私が一人で芦有へ行くときは、コース取りの練習も兼ねて走るので「あ〜今の全然あかんかったなぁ〜」とか「そうか、今はそんなにシフトダウンしなくても良かったんやな」など反省しながら走ることも多いので、こんな時に同乗者が隣にいると、思うように走りに集中できなくなってしまう(私は一体どこを目指しているのだろうかw)

また、ボクスターと一体になるべく腕を磨くこの時間は、日々子育てにバタバタしている自分にとって、ゆっくりと自分と向き合える貴重な時間でもある。

というわけで話を戻して、夫が「一人でツーリングに行きたい」という気持ちが、今になってすごく分かるようになった。夫は家では仕事の話はあんまりしないけれど、きっと色々大変なこともあると思うので、そういったことをすべて忘れて、自分一人で愛車と対話しながら存分に走れる時間が、夫にとっては貴重な充電時間になっているのだと思う。

ポルシェと行くのだ

夫はよくこんなことを言う。

雑誌やネットで「おすすめのドライブコース」の情報がよく紹介されているけど、それ見ても僕は全くピンと来ないわ。あんなもんはドライブガイドとは言わへん。たいていは「オススメ絶景スポット」「人気のレストラン」と、あくまでも目的地の観光情報しかなくて、そこに行く道の情報が何も無い。ただ通るべき道順を紹介してるだけや。
でも僕は違うんや。純粋に愛車での運転そのものを楽しみたいから、目的地は二の次で、そこに行くまでの道がいかに気持ちよく走れる道かが重要や。僕にとっては道そのものが観光地なんやー。ご飯も二の次でいい。それよりも少しでも走っていたい。

と。へぇ〜私はそこまでではないけれどもw

とはいえ、「一人でツーリングに行きたい気持ちはよく分かる、ボクスターに乗れるようになって、やっとその意味が分かった」という話を夫にしてみたところ、夫はこんなふうに言ってきた。

そやろ。僕がポルシェに乗る場合は、【ポルシェ”で”ツーリングに行く】んじゃないんや。【ポルシェ”と”ツーリングに行く】という感覚なんや。
ポルシェというクルマに乗って行くんじゃなくて、ポルシェという相棒と一緒に行くという感じかな。いろんなクルマに今まで乗ってきたけど、ポルシェほど、乗っている時に語りかけてくるクルマは無いと思う。ステアリングから伝わる接地感や路面の状況、ノイズ、エンジン音、排気音、ブレーキのフィーリングを通して「もっと行ける」「もう少しゆっくり」「まだまだ」などと語りかけてくれてるように感じる。ポルシェは、クルマとドライバーが対話しながら、チームになって一緒に走るクルマやと思うから、やっぱり一人でツーリングに行く方がええ。

と。なるほど、確かに。ポルシェには魂が宿っているというか、相棒感がすごいと感じる。その理由は一体なぜなんだろう…。

私もいつか、ポルシェ”と”ロングツーリングに行ってみたいものだ。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 10 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. かず黄金丘陵

    あまり車種にこだわりが無い私、
    でも道にはこだわりがありますねぇ。
    と、言っても近畿圏内の名道やスカイライン、峠などはほぼ制覇してしまい。
    最近では旅行に行くついでにレンタカーで走る道を事前にリサーチしてから道を決めて走ってます。
    (どのクルマで走るか。と言う点は全く考慮しません)
    しかし、まだまだ、知らない道が有るのだな。と自分の思い上がりを感じさせてくれるこのブログは本当に楽しみで
    波賀町のフォレストステーションへの道などは全く知らなくてこのブログで見てから何回も走りに行きました。
    また道特集お願いします。
    それではまた

    • MinaMina

      かず黄金丘陵さん

      近畿は道が狭いところも多くて、名道が少ないイメージがありますが、探せばまだまだあるのでしょうね…
      波賀、そんなに気に入って下さって、紹介して本当に良かったです。有難うございます!

      またこれからブログでも色々書いていけたらと思っております!
      引き続きよろしくお願いいたします。

  2. たけ

    Minaさんのブログを拝読して思うのは、今は一人でツーリングに行く事を理解されたとなってますが、それ以前から御主人様に文句を言わずに私は子供を連れて実家に帰れて、私も楽出来てご両親の嬉しいとの凄く前向きな発言で素敵な方だなという事です。
    人は自分を映す鏡という事からも御主人様も素敵な方なんだろうなーと思っております。

    • MinaMina

      たけさん

      え〜なんかもうもったいないお言葉、有難うございます…!
      基本的に色々なことに鈍感なのだろうなぁとは自分では思っています^^;

      夫も細かいことは気にしない性格なので、助かっています。
      これからも、わが家なりのカーライフを楽しんでいけたらと思っております^^

  3. Drive & Ride

    いつも楽しく拝見させていただいています。

    『ポルシェとツーリング』
    …いい言葉ですね。

    ポルシェは、
    走る為に無駄が無いサラブレッドのような、
    また自らの手足の如く五感に響くように、
    わざと粗い部分を残して作っている感じがして、
    そんな所が『相棒感』なのでしょうか。

    981ケイマンに乗っていましたが、
    諸般の事情で、先月手放しました。
    あの一体感は他の車に無いもので、
    いずれきっと取り戻すつもりです。

    ポルシェとのロングツーリングが実現し、
    ブログで拝見出来る日を来るのを、
    陰ながらお祈りしております。

    • MinaMina

      Drive & Rideさん
      いつもブログをご覧頂き有難うございます。

      確かに、他社のクルマと比べてポルシェは、
      人が介入する余地が残されているような気がします。

      981ケイマンに乗っておられたのですね!

      >ポルシェとのロングツーリングが実現し、
      >ブログで拝見出来る日を来るのを、
      >陰ながらお祈りしております。

      有難うございます!
      子どもが大きくなって少し手が離れたら、ぜひ遠くにロングツーリングに行きたいと思います。
      引き続きよろしくお願いいたします。

  4. kazu

    『ポルシェ「と」ツーリングへ行く』、まさに言い得て妙、ですね。

    独り、低い座面のシートに滑り込み、イングニッションオン!、少し長めのクランキングの後、987はNAフラット6が「ヒュン!」目覚めます。

    『ポルシェ劇場』の開幕です。

    劇場ですから、音楽は聴きません。エンジン音、加速、ブレーキ、ハンドリング、車体剛性、五感すべてでポルシェを楽しみます、というか楽しめるのですね。パッセンジャーも必要ないです。

    蛇足ですが、音楽を聴かないのは、チョットした異音を素早く発見するためです。これはイタ車に乗っている頃から始まりましたが。

    今年の夏は、久しぶりに北海道ツーリングへポルシェ「と」行きたいです。さすがに全日程独りは無理です、猫ちゃんが待っているのです。妻には途中から飛行機で帰ってもらう、そんな計画がよろしいかと。

    • MinaMina

      kazuさん

      おっしゃるように、ポルシェに乗るのに音楽は要らないですね。
      五感すべてでポルシェを楽しむことこそ、醍醐味だなぁ〜と思ったりします。

      北海道へツーリング!羨ましいです…!
      めちゃくちゃ道がきれいなのだろうなぁと想像しております。

      >妻には途中から飛行機で帰ってもらう、そんな計画がよろしいかと。
      なるほど^^;そういう手もありますね!

  5. ひろぽん∞☆

    まいどです~(^-^)
    ほほぅ、こりゃ、楽しいテーマですねー!
    ポルシェは、乗ること自体が楽しいてすからね。対話しながら、走るのが、たまらんです(笑)
    複数台のPORSCHEでのツーリングでも、いろんなPORSCHEと会話しながら走るので、それはまた、楽しいです。

    特に空冷ポルシェは、ダイレクトに対話できるのが、魅力的です(^_^)

    • MinaMina

      ひろぽん∞☆さん
      まいどでございます!!!

      >複数台のPORSCHEでのツーリングでも、いろんなPORSCHEと会話しながら走るので、それはまた、楽しいです。
      なるほど…!それもまた楽しそうです!
      空冷となるとおっしゃるように本当にダイレクトなんだろうなぁと想像しております。(私は対話の域までまだ行けてないですが^^;)
      先日も夫が964でツーリングにいっていましたが、大感激して帰ってきました。

      30年前のクルマなのに、今でもこんなにしっかり走るし感激するなんて、本当にすごいことだなーと改めて思いました。