新型 フォルクスワーゲン ゴルフ8 – 今分かっていることをまとめてみた –

フォルクスワーゲン・ゴルフ

大好きだった、ゴルフ

今年の春までわが家にあった、1.2Lエンジン搭載、7速DCTのフォルクスワーゲン ゴルフ7。約3年間所有したが、本当に本当によく出来た車だった。剛性感があり、あらゆる部分で手抜き感がなかった。走りもとても安定しており、ブレーキのタッチもコントロール性に優れ、効きも必要十分。下からトルクがあり乗りやすく、1200ccとは思えないほどのパワー感があった。

さよならゴルフ7、そしてありがとう – 約3年間所有しての総評

未だに夫と「ゴルフは良かったな〜」という話をするほどだ。「74年に初代ゴルフが登場して以来、45年間で累計3500万台が生産された」というのも、頷ける。

そんな夫婦ともにお気に入りだったゴルフを手放した理由は、今年の春頃に私が「マニュアル車に乗りたい」と言い出したから。AT限定解除をして3年半経っても、ボクスターGTS(MT)を乗りこなせない自分に嫌気が差し、自分でマニュアル車を買うと決めたのだった。夫は

それだったら、ゴルフと乗り換えるのが現実的やけど、まだゴルフの車検までは時間あるし、ゆっくり探そう

と言っていた矢先、中古のBMW320iと出会い、思いの外はやくゴルフとお別れすることになってしまった。

実はその前に、フォルクスワーゲンのディーラーにも足を運んだが、「今MTの仕様で置いているのはUPだけだ」と言われ…ゴルフ7.5もすすめられたが、夫は、「いや、もうすぐゴルフ8が出るのに今7.5を買うのはちょっとなぁ…」と言って、結局ゴルフとのご縁はそこで途切れてしまった。

ゴルフ8、登場

そんなこんなで、先日美容室でWEBマガジンを読んでいたところ、ル・ボラン2019年12月号になんとゴルフ8の特集がされているのを見つけた。

そうか、そういえば、10月の下旬にゴルフ8が発表になったんだった…!

パッと見ただけでも、以前のゴルフらしさを残しつつも、よりスポーティで洗練されたデザインになったことが伺える。「フォルクスワーゲンのデザインは、スポーティでありつつ、美しさの追求とユーティリティも犠牲にしない」と書かれていたが、ヘッドライトはLEDマトリックスヘッドライトになり、リアランプも新しくなり、よりシャープなデザインになった。

何となく、電気自動車っぽい感じもするなぁ。

ゴルフ8

ちなみに、これが先代のゴルフ7。

ゴルフ7

ドアーミラーもデザインが変更され全体的にコンパクトになったり、リアのロゴは、新しいフォルクスワーゲンのブランドロゴの下に車名がレイアウトされるようになった。

ゴルフ8 リアエンブレム

ちなみに、先代ゴルフは、リアの左側にGOLFの文字があしらわれていた。

ゴルフ7

ボディサイズは、全長が4284mm、全幅が1789mm、全高が1456mm。先代は、全長が4258mm、全幅が1790mm、全高が1492mmだったので、全体的に長くなり、低くなった。

ゴルフ8

用意されるパワーユニットは、ガソリン、ディーゼル、CNG、マイルドハイブリッド、プラグイン・ハイブリッドで、パワーは90PSから300psまであり、全部で11種類が用意されるそうだ。また、トランスミッションは、DCTのTSGの他に、新開発となる高効率の6速MTも組み合わされるとのこと。

へぇ〜ゴルフ8のMT、乗ってみたい!

でも、VWグループ ジャパンさん、どうせレギュラーモデルのMTは日本には入れてくれないんですよね…(涙)

ゴルフ8 内装

ゴルフ8 内装

シフトレバーが新型911(992)みたいで格好いい!

また、最近の車にもよく搭載されているボイスコントロールシステムが、ゴルフ8にも搭載されている。起動させる言葉は、「ハロー、フォルクスワーゲン」。

う〜ん…長いw

「Hey,Siri」ぐらいコンパクトだったらいいのになぁ…(ちなみに、メルセデス・ベンツは「Hi、メルセデス」、BMWは「OK、BMW」)この起動させる言葉は変えられるのかな。

ドライバーアシストシステムの「レーンキープアシスト「市街地緊急ブレーキを含むフロントアシスト」などは標準装備、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)はオプションだそうだ。

ゴルフ8についての夫の感想

ちなみに、夫に先日発表されたゴルフ8の感想を聞いてみると、

日本での仕様がまだ分からないけど、個人的には『eTSI』という48Vバッテリーにのマイルドハイブリッドに乗ってみたいなぁ。基本的にはガソリンエンジンが好きやから、ディーゼルや完全なハイブリッドより、高電圧でガソリンエンジンを補助するこの仕組みは興味ある。
あと、ゴルフ7が出た当時、ACC(アダプティブクルーズコントロール)が目新しくて感動した。当時は先進的で輸入車ではゴルフ7がACCを一般的にした最初のクルマやったんちゃうかな。だから、今回もACCや運転補助系のシステムがどう洗練されたのかにも興味があるわ。
とにかく、先代のゴルフ7は自動車として本当によく出来たクルマで、あれ以上、何をどう変えてよくするのか僕には想像がつかんけど、ゴルフ8はたぶんそれを実現してくるんやろなぁ。

と言っていた。試乗できるようになったら、ぜひ運転してみたい。

*画像出典:carview「ゴルフ8世界初公開。進むデジタル化の一方でコストダウンが目につく部分もある

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。