911 GT3ツーリング専用のボディカバーを、仲林工業さんに作ってもらった!

GT3

GT3のボディカバー

わが家の駐車場には一応屋根がついているが、横から雨風が入ってくるので、普通に停めているとクルマが結構汚れてしまう。なので、夫は以前から「GT3が届いたら絶対ボディカバーを注文せないかん」と言っており、先日仲林工業さん(わが家のクルマのボディカバーをいつもお願いしている)に夫が連絡してみたところ、

Bピラーまでは後期型のGT3形状にし、そこからリアにかけて、現行の(991)GTS形状でつなげれば、大丈夫ではと考えているのですが、実際の全体的なバランスもあり、何とも言えない部分があります。弊社の方でも、実車から改めて採寸、確認したいです。

という返信が来た。

仲林工業では、フルモデルチェンジ後の新しい車種や、仲林工業指定の車種を持ち込めば、採寸協力の御礼として、第一号のボディカバーを無料でプレゼントしてもらえることになっているのだ。夫は、

「GT3ツーリングの型紙をわざわざ作ってもらっても、注文するのは僕くらいやろうから先方にも申し訳ないし、GTSとGT3の型紙を組み合わせたら代用できそうで、だいたいフィットしてたらそれでええんやけどなぁ…なんか恐縮やなぁ。」

と言いながら返信をしたが、結局実写持ち込みで採寸して頂くことになったw

さすが仲林工業さんのコダワリ、職人魂はすごい…!

ちなみに以前、パナメーラターボを実写持ち込みで採寸して頂いた取材記事を書かせて頂いたが、この記事の反響が結構大きかったそうだ。有難うございます!(こちらの記事↓)

車のボディカバーメーカーの仲林工業に、実車持ち込みでカバーを作ってもらった!

GT3で仲林工業へ

実車を持ち込むにあたっては、「1日仕上げコース」「何度かわけてコース」「ひと晩お預けコース」の3種類があるが、夫は今回は「1日仕上げコース」を選択した。

このコースでは、朝実車を持ち込めば、夕方には採寸が完成する。その後、生地の種類や、留め具などのオプションを選択した上で、作成して頂いた第一号のボディカバーを、後日自宅に郵送して下さるのだ。

当日の朝、夫がGT3を持って行ったところ、仲林工業の女性社員の方に、クレヨンのボディカラーをめちゃくちゃ褒められたそうだ。

「これはいい色、とても綺麗!女性はこの色絶対好きだと思う!」

と。仲川社長は「彼女は普段はクルマに興味がなく、そんなこと絶対言わない人なので、とても珍しいことですねぇ」とおっしゃっていたそう。

911 GT3 touring

そういえば、先日、クルマに興味のない義母がこのGT3を見て「これはいい色やなぁ!めちゃくや綺麗やなぁ!お母さんこの色好きやわー」と、仲林工業の女性社員さんと同じようなことを言っていた。

クレヨンには女性の心を鷲掴みにする魔力があるのか…w

夫はその後仕事があったので、一旦は車両を預け、夕方再び取りに来てみると、クルマはこのような状態になっていた。

夫は仲川社長から、「ミラー部分等は、あえて余裕をもたせて設計していること」や「たわみやつっぱりがなく細部にまでこだわって採寸していること」等の説明を受けたそうなのだが、帰宅した夫は

素人目には、違いが全然分からん。にしても、社長のコダワリが凄い。ほんまに職人技や、すごいわー。

と言っていた。ちなみに、夫のGT3ツーリングの採寸については、仲林工業さんのブログでも紹介して頂いている。

GT3にボディカバー装着

そして1週間後、仲林工業からボディカバーが届いた!

ダンボールを開くと、ボディカバーはこのように梱包されている。そして、オプションで留め具を追加した場合には、留め具の使用方法について書かれた説明書も同封されている。

ちなみに、ボディカバーをかける前に、簡単な準備作業がある。コンパクトに梱包されているので、その状態のままクルマにボディカバーをつけようとすると少し手間取ってしまうので、予め指示に沿って畳んでおく必要があるのだ。(↓その過程はこちらの記事にかいています)

女性一人でパナメーラのボディカバー脱着は可能?実際に検証してみた!

そして、実際にGT3ツーリングに取り付けてみたのがこちら。

綺麗にバッチリ装着できた!夫も、

本当にボディの形そのままやから、まずカバーをかけやすいし、それになんと言ってもピッタリとフィットするから風が吹いてもバタつきがかなり少ないから、あんな薄い裏起毛なのにほとんど小傷がつかない。
たぶん、カバーせずに放置して汚れて毎回洗う方が全然傷つくと思う。
今まで汎用のものや、純正のもの、5層構造のもの、そして海外製の高価なものと過去の愛車で散々使ってきたけど、マジでこれ以外を選ぶ理由が分からん。ボディーカバーは四の五の言わずにこれ一択やと思う。

と言っていた。
これで、どんな風雨やホコリからも愛車を守ることができる。仲林工業さん、今回も有難うございました!

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. てつ

    こんにちは.

    コメントというかtypoをどうしても見過ごせません.
    「実写」は「実車」が正しいのでないかと?
    旦那さんのGT3はいつもはCGなんでしょうか(笑)

    • MinaMina

      てつさん
      ほ、ほんとですね…!
      しかも何回も…全く気付きませんでした、ご指摘有難うございます!
      修正いたしました。