夜景スポットへ、ポルシェ パナメーラの写真を撮りに行ってきた。

芦有ドライブウェイ

夜景と愛車の写真を…

以前から、私が「今日は空が澄んでいるから、夜景を見に行こう」と言って夜景スポットまで向かうと、途中から空が曇り出したり、豪雨に見舞われることが多かった。つい先日も、ボクスターとGT3の2台で夜景と愛車の写真を撮ろうと出発したところ、案の定豪雨にみまわれ、結局「2台分のドライブウェイの料金を払って、クルマを雨に濡らし、ただ帰宅する」だけになってしまった。

その結果を受けて、

「これからは、天気が良いからと目視のみで判断したり、天気予報の情報を見るだけではなく、雨雲レーダーもしっかり確認しよう」

ということになった。

そして先日。自宅のベランダから海側の景色を眺めてみたところ、遠くまでかなり綺麗に見渡すことが出来たので、「今日こそは綺麗な夜景が見られそうだ」ということになり…

雨雲レーダーを確認したところ、その後数時間、雨雲は出てこなかったので、パナメーラで家族4人でお山へ上がることにした。

夜景とパナメーラ

いつもは、展望台に近づくにつれて空が曇り始めるのだが、この日の空はなんとか耐えてくれた。とはいえ快晴ではなく、重たい雲もあったけれど、遠くの方はしっかり晴れ渡っている。

展望台につくと、すでに結構な数のクルマがいたが、夫に言わせると「こんな晴れた日であれば、通常ならクルマはもっと多い」そうだ。

この日は日の入りが18時17分で、展望台に到着したのが17時45分ごろだったので、私は子どもたちを遊ばせながら夕焼けを眺めつつ、写真撮影は夫に任せることにした。

この日の麓は30度を超えていたけれど、展望台に来るとやはり涼しい。風があり、とても爽やかで、しかも蚊もあまりいなかった。日本の夏がずっとこんなんだったらいいのになぁ。そして子どもたちを遊ばせている間、夫は終始パナメーラの写真を撮っていた(笑)

しばらくすると日が暮れて、街にポツポツと明かりがつきはじめ、景色は一気に夜景モードに。子どもたちも「わぁーピカピカで綺麗ー!」とはしゃいでいたが、遠くの方を見ると、夫は三脚を取り出して、先程よりも本格的に写真を撮っていた(笑)

その後、他のクルマもポツポツと帰り始め、気づくと1時間半以上展望台にいたが、夫もそれなりに満足のいく写真が撮れたということで、帰路につくことになった。

峠道をパナメーラで

帰り道、暗い峠道を降りていくことになったのだが、パナメーラのLEDヘッドライトがめちゃくちゃ明るいことを改めて実感した。街中であれば、街灯やお店の明かりがありとても明るいので、普段はそんなこと感じることも無いもんなぁ。夫は、

これ、空冷やったら先が見えへんで怖いやろけど、パナメーラやったら遠くまでバシッと見えて何の問題も無い。すごいわ。

と言っていた。

以前ドイツで夜のロマンチック街道を走った時、町と町の間の農道が本当に真っ暗で、道の先が分からずかなり怖かったが、このライトがあれば、遠くまで照らすことが出来て、夜道も快適ドライブが出来るんだろう。

あーまたドイツに旅行に行きたいなぁ。

 

 

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。