【ポルシェオーナーズファイル #6】981ボクスタースパイダー(MT) 購入・オプション・走行レビュー

ポルシェオーナーズファイル

皆さんこんにちは。「ポルシェがわが家にやってきた」管理人のMinaです。「様々なポルシェオーナーの生の声を共有してほしい!」という読者の皆さんのご要望からうまれた企画「ポルシェオーナーズファイル」。第六弾は、「イシB」さんから頂いた「981ボクスタースパイダー(MT)」の購入・オプション・走行レビューをお送りします。

〘オーナー情報〙
・今回紹介する愛車:981 Boxster Spyder(MT)
・ペンネーム:イシBさん
・過去の愛車遍歴:都内に住んでいた頃は車なし。その後地元に戻ってからは、
中古のカローラ(車に全く興味がない頃)→中古のレクサスIS250(ちょっと車に興味が出た頃)→初めての新車BoxsterGTS(981) PDK→中古の718Boxster(982) MT)現在の愛車も含めて全て右ハンドルです。
・読者へ一言:ポルシェの役物の中では比較的手に入れやすい価格帯のSpyderです。購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

1)購入に至る経緯

ー6気筒NAの音が恋しくなり…

初めて購入した981BoxsterGTSに満足していたものの、PDKからMTに乗り換えたい欲求を抑えられず、718BoxsterのベースグレードのMTに乗り換えました。しかし今度は6気筒NAの音が恋しくなり…(詳しくは前回の718のレビューの通りです

「6気筒NAの音に戻りたい」という気持ちが日々大きくなる中で、718Boxster Spyderのスパイ動画がYoutube等でアップされ始めました。その頃「718(982)のSpyderとGT4には911GT3の4L NAエンジンが乗る」と噂されていたのですが、718Boxster Spyder関連の動画を見る限り「この音はNAではなくターボ、もしかしたら4気筒の可能性もあるのでは?」と思わざるを得ませんでした。

そうなると今後のポルシェのラインナップの中で「オープンカーで、MTで、6気筒」という条件を満たすクルマはもう出ないかもしれない… (今現在、911カブリオレはPDKしか選べません)

と思い始めた時、以前某ディーラーに981Spyderの認定中古車があったことを思い出し、早速見学に行きました。

ー2度目のSpyder見学にて

実は以前、他の車を試乗する目的で訪れた際にSpyderが展示されているのを一度見学させてもらっていたのですが、当時の私は718MTに満足していたため、Spyderにあまり興味はありませんでした。いや…正直にいうと、興味はあったものの、

「車体の白は良いとして内装の赤いバケットシートは自分には派手だ」
「バケットシートは座り心地も固そうだ」
「手動開閉の幌はズボラな自分には持て余すだろう」
「値段が高い」

などと、買わない理由を無意識に探していただけかもしれません。その後、Spyderの2度目の見学に行ったわけですが、その時は、

「赤いシート、多少派手だけど街中ではオープンにしないから大丈夫だろう。それにいま俺はもっと目立つ黄色の718を平気で乗ってるじゃないか」
「バケットシート、固いかも。いや、でも座ってみると思ったより座面は適度にクッション性あるぞ。」
「幌の開け閉め、実際にやってみると結構簡単だな。夕立になりそうな時は開けなければ大丈夫だろう」
「値段は911よりは安いし、最後のボクスター最後のNAになる(かもしれない)

と、前回このSpyderを買わない理由として挙げていた各項目は自分の中で都合よく解決され、買わない理由がなくなりました(笑)

2)オプション/仕様

Spyderの仕様は以下の通りです。

・スポーツクロノ(標準装備)
・スポーツエギゾースト(標準装備)
・PASMはついておらず

GTSや718のときは「スポーツモードに入れると連動してスポーツエギゾーストがオンに」なりましたが「Spyderでは走行モードとスポーツエギゾーストは連動していない」ので、スイッチをそれぞれ押す必要があります。オートブリッピングはスポーツプラスで有効になります。アイドリングストップの機能はありません。

①エアコン

オートエアコンがついていました。私は外気温の表示を参考にしてエアコンの温度を設定するので、これができるオートエアコンの方が好きです。マニュアルエアコンだとこれができないんですよね。

②ナビゲーション

ナビはクラリオン製のものがついており、981GTSと同じでした。

③スピーカー

Boseのスピーカーがついてます。今まで経験していたノーマルのスピーカーとの差はあまり分かりません。

④内装

内装は赤い革と、黒〜濃グレー色のアルカンターラが組み合わされた「クラシックインテリア」と呼ばれるものです。新車購入時に自分で選択するには勇気がいりますが、とても格好がいいと思います。

⑤シート

バケットシートです。バケットシートには「フルバケット」と「スポーツバケット」という2種類がありますが、今回のものは「スポーツバケットシート(軽量レーシングシート。バックレストフォールディング可能)」です。

⑥その他

バックカメラを後付けで取り付けました。ディーラーのご厚意で、本体取り付け工賃共に無料サービスしてもらえました。

3)納車までの期間

契約からバックカメラの取り付け作業を経て、2週間で納車でした。

4)所有してみて感じるポルシェの性能

①エンジン

3.8L、6気筒NAエンジン。言うことなしです。これが好みなんです。納車の帰り道ではずっと顔のニヤケが止まりませんでした(笑)初めて峠を走らせたときに「あれ?GTSの方がエンジン音とバックファイヤーの音は大きかったかな?」と一瞬思いましたが、今はそのことは全く気になっていません。

②MT

クラッチペダルを踏むときは程よい抵抗があり、離すときには最後に心地よく足が押される、そんな感じです。恥ずかしながら、バックで駐車中に周りの障害物に気をつけながら超低速で移動させているとたまにエンストしますが、発進時のストレスはありません。ある意味718よりも操作しやすいMTだと思います。

③ハンドリング

981GTSから718に乗り換えた時にハンドリングが大幅に改善されたことがとても印象的でした。それが、Spyderとはいえ981に戻るので、ハンドリングをどう感じるかが若干気がかりでしたが、結果ネガティブな印象はありませんでした。

Spyderに乗り換えてから北海道、東北、北関東、甲信越のいろんな道を走りましたがハンドリングに不満を感じることはありません。Spyderを贔屓目に見ているからなのか、軽量化の恩恵なのかわかりませんが、とにかく現状に満足できています。

④燃費

渋滞がなく60〜70km/hで流せれば下道でも9~11km/Lぐらいは走ってくれます。ちなみにこれは「シフトアップインジゲーターの指示通りに1200回転あたりでギアを上げた走り方をした場合」です。ただこうした走り方をしても、気持ち良くクルージングできるのがSpyderの素晴らしいところだと思います。また軽量化されていることも意外な高燃費に貢献しているかもしれません。

ツーリング中には当然そんな走り方だけではなく、所々2~4速で5000回転以上で走らせることもありますが、それらを含めても1日のツーリングではだいたい8〜9km/Lに落ち着くことが多いです。都心の渋滞は経験していないので、そのシチュエーションでの燃費は不明です。

⑤乗り心地、のり味

Spyderのバケットシートの調整は前後の位置のみで、バックシートの角度もシートの高さも固定されていて調整はできません。バックシートの角度は若干立ち気味に感じましたが、身長180cm弱の私には違和感なく、快適に長時間運転できます。停車時に座ると若干肩が窄まるような窮屈さがありますが、ハンドルを握るために腕を前に出すとちょうどよく肩がサポートされて、運転中の姿勢が安定するようです。助手席の人は肩が少し窮屈かもしれません。

⑥手動の幌

幌の操作は開けるのも閉じるのも40~50秒ぐらいで終了します。ただしこの時間には車の乗り降りは含まれないので、信号待ちの間に車を降りて開け閉めする事はお勧めできません。

幌はリアフードに2箇所フックで固定するのですが、この固定をしっかり確認しないと悲惨な目にあいます。ある日、高速道路を気持ち良く走っていると、運転席後方から「ドン!、ゴトゴトゴトゴト、ガタガタガタガタ」と大きな音がしました。「鳥か何か当たったのか?」と思ったのも束の間、再びその衝撃音が鳴り響きました。

ルームミラーで後方を確認すると、固定されているはずの幌の一部がヒラヒラと風になびいていました…。次のPAエリアで車を停車させて事態を確認すると、幌を固定するプラスチックと金属制のフックがリアフードに何度も何度も叩きつけられた痕跡が…(泣)(写真参照)

⑦プロテクションフィルム

以前の所有車では、洗車の度に増える飛び石傷を見る度にテンションが下がりました。飛び石はポルシェの勲章などと言われても慰めにしかなりません。以前からプロテクションフィルムを貼るか迷っていたのですが「ボクスター乗りなら誰でも知っていると思われる超有名ブロガーの方が所有車のレビューで5年経過してもほとんどフィルムが劣化しないと記事にしていた」ことが決め手となり、今回はフィルムを施行することにしました。

これの良いところは「飛び石による傷がフィルムについたとしてもあまり目立たないこと」「さらに自然に傷が回復するらしく、目立つ傷も60℃程度のお湯をかけると治るらしい」というところです。どこまで本当かはわかりませんがフィルムは最悪何かあっても貼り直せば良いと思うと精神衛生的にも安心です。また虫が大量にこびりついても塗装面と違ってフィルムなので気軽に虫取りペーパーで擦り取ることができます。

フロントガラスにも対応するフィルムがあることを知り施工店に質問したところ、「日常的に雨天でワイパーの動作する環境で乗る車にはフィルムの耐朽性の面で心配なところがある」とのことでした。雨が悪いというよりはワイパーとの摩擦が問題になる可能性があるらしいです。ちゃんとデメリットも説明してくれたことに逆に安心して、自分の使用状況なら問題ないと判断してガラスにもフィルムを貼りました。

5)今後ポルシェを購入するなら絶対つけたい(またはつけた)オプション

PCCBは一度経験してみたいです。今のブレーキの制動力で十分なのですが、バネ下重量が減ることで乗り味がどう変わるのか興味があります。

6)気になる部分

MTのスキル不足のため、時々2速に入りにくいことがあります。

7)総評

スパルタンに見えますが、長距離の運転も平気です。1000回転からレブリミットまでどの領域も楽しめます。また、MTは慣れていない人でも操作しやすいと思います。
718Spyderがどういうスペックで出てくるのか気になるところではありますが「981Spyderは新車の911に平均的なオプションをつけたぐらいの値段で、低走行のものが購入できる」ので、NA好きで値段に納得できる方であれば、中古の981Spyderはお勧めだと思います。

〘管理人Minaの所感〙
イシBさん、詳細な情報を頂き本当に有難うございます!「スパイダーの手動の幌のフックをしっかり確認しないと大変なことになる」など、実際のオーナーでなければ分からない貴重な情報だと思いました。それにしても、ボクスタースパイダーはスパルタンで運転が疲れるものと思い込んでいましたが、日常使いも問題なくできそうで、ますます興味が湧いてきました(欲しい笑!)イシBさん、有難うございました!

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。