愛車に名前をつけるべきか、否か。

ポルシェ 新型パナメーラターボ 
ポルシェのある生活
愛車って名前つけたくなるね。

ふと思った。「みんな、自分の愛車に名前をつけたりしているんだろうか。」普段はなんと呼んでいるんだろう。ペットのような名前をつけたりしてるんだろうか。はたまた、車名で呼んでいるんだろうか。

私も以前、現在のパナメーラに名前をつけようとしたことがあった。それは、「相棒感がさらに増す」と思ったから。ポルシェは、相棒感の強い車だと思う。ペットで例えるなら、猫というより犬。

ご主人様に忠義を示し、ともに駆け抜ける感じ。そこから更に相棒感を…と思い、当時色々な名前を考えてみた。

ポル?

う〜ん、なんか違う。ポルシェっていうよりパナメーラにちなんだ名前がいい。

パナパナ?

…全然、違う。これはバカにしてる。っていうか、

パナメーラって、そもそも男なんだろうか、女なんだろうか…

(男か女かじゃなく、ただの車だが)

なんて思っていると、全く名前が決まらず、最終的に今何に落ち着いたかというと、

パナさん。

相棒でありつつ、ちょっと先輩のような感じで、男でも女でもいける。だから、

パナさん。

まぁ当のパナメーラが気に入ってくれているかはわからないが…私は何となくしっくりきている。さて今日もパナさんに乗って、ひと仕事行ってくるぞ!

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。