ポルシェオーナーは、愛車に名前をつけているのだろうか?

ポルシェ 新型パナメーラターボ 
ポルシェのある生活

愛車の名前

ふと思った。「ポルシェオーナーのみなさんは、自分の愛車に名前をつけたりしているんだろうか。」と。普段は車名で呼ぶことが多いように思うが、中にはペットのように名前をつけている人もいるのだろうか。

私も以前、現在我が家にあるパナメーラに名前をつけようとしたことがあった。

それは、名前をつけたほうが「相棒感がさらに増す」と思ったから。

そうでなくてもポルシェは、相棒感の強い車で、ペットで例えるなら、猫というより犬というか…ドライバーとともに、人生を、ワインディングロードを、駆け抜けるイメージがある。そこから更に相棒感がます為に…と思い、当時色々な名前を考えてみた。

ポル?

う〜ん、なんか違う。ポルシェっていうよりパナメーラにちなんだ名前がいい。

パナパナ?

…全然、違う。これはバカにしてる。っていうか、パナメーラを男性として見るのか、女性として見るのかでも違うし…なんて思っていると、全く名前が決まらず、最終的に何に落ち着いたかと言うと、

パナさん。

相棒でありつつ、ちょっと先輩のような感じで、男でも女でもいける。だから、

パナさん。

まぁ当のパナメーラが気に入ってくれているかはわからないし、普段普通に「パナメーラ」と呼んでしまうので、愛車に名前をつけた意味は全く無いのだが…まぁなんにせよ、これからも相棒、よろしく頼もう!

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。