ポルシェ911(空冷964型)の車検。費用や内容は?

空冷ポルシェ911(964)
空冷ポルシェ

ポルシェ911(空冷964型)の車検

先日「リフレッシュしたポルシェ911(空冷964型)に乗ったら新車のようだった」という記事の中で、「車検の内容は後日」と記載したので、今回は車検の費用や内容について書きたいと思う。

今回の車検は、964のメンテナンスで納車以来お世話になっているビーフォースさんにお願いすることにした。まず、今回の車検の費用と内容についてはこのようになった。

・車両検査
・エンジンオイル交換(8.5L)
・フロントワイパーブレード交換
・ホイールバランス調整
・ブレーキフルード交換
・法定費用など
・合計(部品代、工賃、税込):165,800円

964のエンジンオイルって8.5Lもあるの!?ほんで古いポルシェの車検やったら、もっともっと費用がかかるんやと思ってた」と言うと夫は、

まぁ、今回の車検までにメンテナンスを結構やってたしなぁ。いろいろ他にも一通り見てもらったけど、今回は特に直すところはなかったから、今回はこの程度でおさまったという感じかな。
あと964は、ドライサンプやし、エンジンオイルを循環させてエンジンを冷やしてるしな。そら現代のポルシェよりもオイル量は少し多いで。

と話していた。

空冷ポルシェ911(964)

っていうかドライサンプってなんやったっけ…」。以前夫に何度か教えてもらい、加えて自分でも色々調べてみたにも関わらず、こういったことは全く頭に入らないので、過去に自分が書いた記事(ポルシェに採用されている「ドライサンプ方式」について調べてみた)を読み返してみたところ、大枠は理解できた。

…でもまたすぐに忘れるんだろうな(爆)

空冷ポルシェ、新車の状態へ更に近づける…

今回の車検の内容について夫は、

オイル交換と、ホイールバランス調整、ブレーキフルード交換と基本的なところだけで済んで良かったわ。あと、少しエンジンにオイルの滲みはあるらしいけど、全然まだ大丈夫らしい。
今のところ、走りに関する部分で特に気になるところはほぼ無くなったけど、あとは飛び石のキズと、長年のホイールの汚れとか、美容外科的な部分かな。このあたりを次はやっていきたいな。

と話していた。

わが家の空冷ポルシェ911(964)、いったいどこまで新車に近づくのだろうか(笑)

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. ひろぽん∞☆

    まいどです~(^.^)
    いつも、楽しく読ませてもらっておりますー。
    車検自体の費用は、普通のクルマと同じですね、違ってたら、オカシイし(笑)

    普段のメンテナンスで、どれくらい かかるか、かけてるか、が重要ですねぇ。

    走ってる距離次第で、オイル交換時期も変わるし、各部のメンテも必要になるでしょうしね。

    うちの子は、前日 26万キロ突破しましたが、まだまだ、元気ですわー。

    • MinaMina

      ひろぽん∞☆さん
      いつも有難うございます!
      >車検自体の費用は、普通のクルマと同じですね、違ってたら、オカシイし(笑)
      確かに、違ってたらおかしいですね(笑)
      色々メンテナンスしていけば、まだまだよく走るクルマなんだろうなぁと思いました。

      >うちの子は、前日 26万キロ突破しましたが、まだまだ、元気ですわー。
      めちゃくちゃすごいです…!ポルシェもすごいですし、きっとのり方やメンテナンスもしっかりされているからですよね、
      すごいです―!!!!