これぞポルシェの原点だ!ポルシェ356に試乗。911とも違う元祖の魅力

ポルシェ356
各車試乗レポート

夫が、希少なポルシェ356を試乗させてもらったということで、レポートを書いてくれた。よろしければぜひご覧ください。

ポルシェ356 「ポルシェ」の名を冠した初めてのモデル

1931年に設立されたポルシェ。正式名称はDr.Ing.h.c.F.Porsche AGと言い、日本語だと「フェルディナント・ポルシェ名誉工学博士株式会社」となるそうだ。

この「ポルシェ」の名称を初めて冠したクルマが1948年から製造されたポルシェ356になる。356は1965年に至るまで製造されており、約17年ほど続いた長寿モデルだ。ただし、その過程でいくつものタイプ(モデル)があり、一見すると同じような形はしているものの、よく見ると大きさやデザインなどは意外と異なっているのが特徴だ。

今回、乗せていただいたのは1964年製のポルシェ356SCになる。オーナーさん曰く、できるだけ後期の356に乗りたかったとのことで、ほぼ最終型のこの356を選ばれたようだ。

ポルシェ356の内装

レストアされたこの個体はとても格好いい。今見ても素直に格好いいと思えるデザインに、ブラックのボディと白系の内装がとても似合っている。

ポルシェ356に試乗

まず最初に今回はオーナーさんの運転で助手席に乗せていただいた。ドアの閉まり音なども金属音が心地よい。やっぱり旧車のドアの音はどのクルマも本当にいい音がする。

助手席のシートはややヘタリ気味だそうだが、座り心地はとてもよく、ソファー的な座り心地で911のシートよりもややラグジュアリー寄りといった感じだ。

ポルシェ356

エンジンを軽く温め、発進すると、その乗り心地の良さに驚く。50年以上前のクルマという先入観から、もっとペラペラで薄い乗り心地を想像してしまっていたが、やっぱりそこはポルシェだ。

とてもしっかりした乗り味で、カーブなどでもヨレヨレ感は全く感じない。もちろん、タイヤの扁平率がとても高いので、タイヤのグニャっとした感覚はあるものの、サスペンションの剛性感、しっかり感などは助手席でもしっかり感じられ、カーブを不安なく曲がっていく。

エンジン音はリズミカルなボボボボッっという昔ながらのNA水平対向4気筒サウンドで、適度な振動が車内の雰囲気とマッチしている。パワー的には1600ccで95psほどだそうだが、ギア比が低めなので、常用域の回転は高く、しっかりと力強さも感じられる。

足回りとパワー感、そしてエンジン音のバランスがとても良く、これぞ「飛ばさなくても楽しい」クルマの代表例と言っても過言ではないだろう。

直線でスピードを出してみるも、安定性も想像以上にあり、オーナーさんに聞くと高速道路の速い速度域でも十分に巡航できるそうだ。

次のページ→いよいよポルシェ356を運転してみる!911との違いなどは?

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. ウーパー

    Mina様

    「飛ばさなくても楽しい」クルマ。
    ホントにそうですよね!

    これで走っていると、不思議と飛ばそうとは思わないし、
    のんびりゆったりで満足します。
    平和な気分に浸れます。

    それと、ボディの堅牢さには私も驚きます。
    大昔の車なのにドアを閉めると964や993の空冷と同様の
    カキーンという音を初めて聞いた時には予想外のできご
    とに感心したものです。

    GT3なんかで飛ばした後にクルマを降りると、いっその
    こと最近の車はみんな手放して60年代か80年代の車に絞
    り込んでもっとシンプルに生活したいなとよく思います…
    って全然手放せなくてむしろ増えてるんですけどね、実
    際には(苦笑)

    • MinaMina

      ウーパーさん
      356,乗ってみたいです…

      >これで走っていると、不思議と飛ばそうとは思わないし、
      のんびりゆったりで満足します。
      平和な気分に浸れます。

      飛ばさなくても楽しいって、究極に楽しいクルマなんだろうなぁと思います。
      そしてそれだけしっかりしたクルマを、はるか昔に作っていたポルシェは、
      本当にすごいのだなぁと改めて思いました。

      >って全然手放せなくてむしろ増えてるんですけどね、実
      際には(苦笑)
      悩ましいですね(笑)

  2. Nak

    Minaさん、こんにちは。

    先日ある山で白の356SCに会いました。
    お年寄りのご夫婦が乗ってらっしゃったのですが、コンクールコンディションで大切にされてるんだな、と感じました。
    エンジンも拝見させてもらいましたが、4気筒1600ccも今の車のようにいろんな補器などついてないので実にシンプルでした。
    なんだかんだ古いクルマなので手がかかって、先日は退院して久しぶりのドライブとのことでしたが・・・
    思わずパーキングが出て行かれるのを追いかけて、ドライブレコーダーで録画してしまいました(^^;
    50年以上前の車にも関わらず結構キビキビ走っているのが印象的でしたね。

    今週末FSWにいらっしゃるんですね。
    ただ、噂にたがわず?今日時点でFSWは雨予報のようです。
    こんな状況でなければオフ会などもできたかもしれませんね。
    ご主人、ボクスターで2分5秒代であれば2分くらいで回れるかと。
    私はもう10年以上走っていませんが、343PSのM3で2分1秒代は出てましたので(^^;

    • MinaMina

      Nakさん
      こんにちは。その後、ポルシェライフはいかがでしょうか!?

      >先日ある山で白の356SCに会いました。
      おぉーそうなのですね!!
      私も、古いポルシェを、年を重ねて髪の毛が白くなっても夫婦で乗り続けてドライブに行くのが、
      夢です。
      すごく大切にメンテナンスされて、乗られているんだろうなぁと思いました。

      >今週末FSWにいらっしゃるんですね。
      今、まさに富士なのですが、台風のようです…^^;
      何度も赤旗になり、30分の走行枠2本でしたが、おそらくあわせて4,5周くらいしかできていんかあったと思います…

      昨年の走行会は、私は行っていないのですが晴れていたそうで
      (一昨年は私も同行したら大雪でした)
      次からは、私は同行しないようにしようと本当に思いました(笑)