最後のNA6気筒搭載「981ボクスターGTS」オーナーが語るその魅力。

ポルシェ 981ボクスターGTS
レビュー・試乗記
MY 2016 Boxster

わが家にある2016年型のボクスターGTS(MT)は夫が初めて買ったポルシェだ。今はポルシェも環境に考慮し、「911」を筆頭にボクスターもターボ化やダウンサイジング化が進んでいるので、この2016年型のボクスターは、最後の6気筒搭載モデルと言われている。(現行718ボクスターは2リッター4気筒ターボ)

*記事の写真は、twitterのあいたん改@ConeManLP826 さんに頂いたもの。

いつかはポルシェが実現した日。

夫は学生の頃からずっとポルシェが欲しくて、それが現実味を帯びてきてからは「ターボになる前の、NA6気筒のモデルを絶対買う!」と言っていたが、実際納車された日のことを、とあるブログでこんな風に綴っていた。

免許を取って約20年。やっとこの日がやって来ました。いつかはポルシェに乗りたい、乗れるような人になりたいと思い続けた若かりし日々。途中、自分には無理なんじゃないか?、夢物語を考えるのは止めよう、そんなことを思ったことは数知れず。

2015年11月21日。ドイツはシュトゥットガルトのツッフェンハウゼン工場で生を受けた相棒は、長い長い船旅を経て私のもとにやってきました。まさか本当に買える日が来るなんて…20年前の自分には想像もつかなかったことでしょう。

普段から冷静沈着で、あまり熱いものを見せない夫だが、こんな風に感慨深い文章を書くこともあるんだな。本当に「おめでとう」だ。

夫の一番のお気に入りポイントは?

981ボクスターGTSはスポーツエグゾーストが標準装備で、これが夫の一番のお気に入り機能だそう。ボタンを押すか、スポーツ、もしくはスポーツプラスモードにすればフラップが開き、爆音仕様になり、突き抜けるような快音がすると。この時の音量はかなりのものだが、「これは、ターボやったら味わえへん音やなー」と夫はよく言っている。

マニュアルで左ハンドルって怖くない?

ハンドリングに関しては、「ズレなく路面に吸い付くように弧を描く様は、まるでカービングスキーで気持ちよく曲がれた時の感覚によく似ている」らしい。確かに、パナメーラに乗っていても、このハンドリングの感覚は分かる。でも「右ハンドルじゃなくて左ハンドルで、その上マニュアルなんて、怖くない?」と思って聞いてみたところ、

「外車はウィンカーが左手やから、右ハンドルやとギアチェンジもウィンカーも全てが左手で余計大変なんや。逆に左ハンドルで右手でギアチェンジできたほうが安心して走れるし何の問題もない」

と言っていた。とある記事でも「素早く正確な動作が必要とされる際は、利き腕で操作するほうが確実。慣れの問題もあるけれど、手首の運動をつねに練習しておけば、左手での操作でも問題はない」と書かれてあった。なるほど。

981ボクスターは、こんなに魅力的な車だそう。

また夫はこんなことも言っている。

ボクスターより速いクルマは他にも山ほどあるが、これだけ楽しさ、気持ち良さを味あわせてくれるクルマを他に知らない。自分が年老いて足腰が弱くなり、クラッチが踏めなくなるまでこのボクスターだけは所有しておきたい。そんな想いにさせてくれるクルマだ。

と。昨日オープンカーの集まりに行った時に「このボクスターをぜひ売って欲しい!」と言われたそうだが、「いやいやこれはなー」と言いながら嬉しそうだった(笑)
実は…夫から「ボクスターが納車されるまでに、その訳のわからんAT限定免許を解除しておけ!」と言われ、約3年前大学生に混じって教習所に通いなんとか限定解除はしたのだが…実際ボクスターを街中で運転中に、坂道発進でエンストしまくって、道のど真ん中でハザード出した経験がトラウマとなり、それ以来乗ってない。

でもせっかく乗れるのだから、ちょっと今年中に乗りこなす目標をたててがんばろうかと思っている…

よく読まれている記事

  1. wata

    Minaさん、はじめまして。
    しばらく前から楽しく拝読させていただいております。
    どうもありがとうございます。

    「狂ってるんかと思うくらい、ツーリングしまくってる」ワケではありませんが、私も981型のボクスターをマニュアル・トランスミッションで乗っています。
    GTSのように速くはない、2.7リッターのベース・モデルですけど、それでもご主人のボクスターに対する思いには大いに共感させられ、コメントをさせていただいた次第です。
    Minaさんも是非ボクスターを乗りこなしていただき、「おうっ!今日も芦有でボクスターをブイブイ言わせたったでぇ!」的な記事を書いてくださるよう、よろしくお願いします(←書かないか)。

    • Mina

      わ、wataさん!あ、あの、wataさんでしょうか!!!(取り乱してすみません…笑)
      夫に「wataさんからコメントを頂いた!」と興奮してメールしたところ
      「まだまだ狂いっぷりが足りませんが、いつもwataさんのブログのGoogleMapを穴が開くほど見て、通られた道をなぞるようにあちこちツーリングしてます。ツーリングに行けない時は動画も死ぬほど見てます。いつかどこかでお会いできることを楽しみにしてますって返しておいて!」と即返信が来ました(笑)
      私も、いつも夫が横で動画を見ているので、一緒に拝見しているのですが「wataさんのボクスターのギアって軽いんかな。めちゃ簡単そうやな」と言っては「そんなわけないやん、慣れや、練習あるのみや!」と叱られています。wataさんからコメントを頂き、私のやる気に火が付きました!
      今年中に「おうっ!今日も芦有でボクスターをブイブイ言わせたったでぇ!」的な記事を書けるようになります!頑張ります!引き続きよろしくお願いいたします!

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese