新型BMW320i Mスポーツ(G20)に試乗 – こんなBMWを待っていた

BMW

320i(G20)、試乗

少し前になるが、BMWのディーラーにて、M2を試乗させてもらった記事を書いたが、

BMW M2コンペティションを試乗した感想

その際に新型320i試乗も試乗させてもらったので、その感想をご紹介したい(だいぶ時間が経ってしまった…)

試乗させて頂いたのは、F320i(G20)のMスポーツだ。「ガソリンか、ディーゼルか、どちらを試乗するか」と聞かれたが、今わが家にある320iとの違いを実感するためにも、エンジンを選択した。

乗った瞬間に進化を実感

まず、乗り込んだ瞬間に、内装やシートの質感が、320i(F30)とは全く違うことを感じた。まるで、車格が一つ違うクルマに乗ったような感覚になったほどだ。そして、アクセルをふみ、少し走り出しただけで、ボディの重厚感、力強いトルク感やパワーを感じられ、走りの点でもF30から大きく進化していることを感じた。

もちろん、わが家の320i(F30)は全く素のモデルで、今回試乗したのはMスポーツという点で違うはあるとは思うが。

運転しやすい

とにかく、運転がしやすい。クルマを信頼し、安心して走ることができる。普段あまり運転しておらず、運転に自信が無いという女性でも、全然大丈夫だと思う。

ただ、今回試乗させてもらったのはMスポーツでステアリングは少し太めだったので、手の小さな女性やスポーツカーに乗ったことのない女性だと、通常モデルのステアリングの方がフィットするかもしれない。(私は太めが好きなのでMスポーツの方が良い)

この3シリーズは、先代モデルに比べてボディが大きくなった(全長は70mm、全幅は25mm、ホイールベースは40mm大きくなっている)そうだが、当然5シリーズと比べるとコンパクトなので、車幅感覚等がつかめず少し怖いと感じる女性にとっても、3シリーズはちょうどよい大きさだと思った。

私が運転させてもらったのは20分程度だったが、ものの数分ですぐに慣れて、なんだか以前ずっとこれに乗っているように心地よく運転ができた。

低速でもパワー感がある

私の320iは、低速時、パワーがなさすぎるように感じることが多い。担当の方も「この時代の、特にMTは低速がちょっと苦手ですね」とおっしゃっていたので、やはりそうなのだなぁと思った。

逆に、高速道路の走行や、ある程度スピードに乗ってしまえば安定もするし走りやすいのだが、停止・発進・加速の多い運転が続くと、少しストレスを感じてしまうことがある。

ただ、新型320iは全くそんなことなく、低速でもとても力強く、しっかり走ってくれた。(ATだということもあるのかもしれない)

安全機能が進化した

新型320iには、最先端の3眼カメラが搭載されている。日本では、コストの問題で1眼カメラを採用しているメーカーが多いそうなので、3眼カメラを320i Standard以上のグレードに全車標準装備したのはすごいことのようだ。

これによって、多くの情報を処理することができ、より正確で素早い予防安全性が備わった。

また新たに搭載された機能として、直近50mのドライビング・ルートを自動的に記録できるようになっており(35Km/h以下の走行時に限る)狭い道の先が行き止まりになっていたり、対向車が来てバックしなければならない時など、クルマが自動的にステアリングを操作して後退してくれる。

実際にこの機能を体感させてもらったが、勝手にステアリングが動くので、後部座席にいた子どもたちが大興奮していた(笑)

ただ、ドライバーは常にブレーキに足を置いて速度調整をする必要があり、障害物を検知して避ける機能は無いそうなので、このあたりに関しては、メルセデス・ベンツの方が一枚上手だなぁと思った。

とはいえ、こういった機能があると、運転に自信のない人にも有難いし、いざというときのことを考えた時の安心感は高い。

フロントグリルが大きくなった

これは完全に私の個人的な見解になってしまうのだけど、フロントグリル(キドニーグリル)を見たときに「鼻の穴でかい人みたい!」と思ってしまった。(すみません…)

リアのライトやデザインはシャープになってより新型感が出てかっこよかったけど、フロントデザインに関しては、わが家の320i(F30)のデザインの方が、落ち着いていて好きだなぁ

最後に、ディーラーの方に「この320iの特徴や売りはなんですか?」と聞いてみたところ、

そうですねー。やはり運転のしやすさや、高速での安定性、あとはBMWならではの前後約50:50の重量配分でしょうか。

とのことだった。

今回、新型320iを運転してみて、確かにすごく進化して乗り心地もとても良くなっていた。峠道や高速道路を走らせてもらっていないのでBMWのキャッチフレーズである、駆け抜ける喜びを感じるほどでは無かったが(信号の多い街中のみだったので)、少なくとも、奥様が街乗りをする場面が多かったり、家族で出かける用途として使うには、十二分によく出来たクルマだと思った。

ちなみに夫は、短評にはなるがこんな感想を言っていた。

正直、かなり良いクルマだと思う。車庫さえあれば、マジで欲しいクルマの中の1台。同じ日に乗ったM2より断然、こちらが好みだ。値段が高い安い、ブランドどうこうではなく、本当にクルマとしてのバランスが良い上に、しっかり走り、しっかり曲がり、しっかり止まる。現行5シリーズもその完成度の高さに驚いたが、それに勝るとも劣らず。(でもやっぱりクラスの差はあって、クラスは嘘をつかない。5シリーズの方がさらにしっとり、かつ、ガッチリしていてそれでいて滑らかだと思うけど。)
先代のF30でちょっとメルセデスを意識しすぎて「BMWは迷走しているのかな?」と感じたところを払拭し、E90やそれ以前のコンセプトに出来るだけ回帰しようする意思を感じる。それは特に足回りの変化に顕著で、しっかりとBMWらしい接地感と正確性を復活させたように思う。
またエンジン音の演出も先代とは違い、回すとちゃんとBMWらしい「クーン!」というスポーティーな音を聞かせてくれ、単なる静かさ一辺倒ではない。
また、やはり最近のBMWのATは素晴らしい。変速がスムーズなのはもちろんのこと、変速スピード、反応ともに、これならデュアルクラッチ式のトランスミッションなんて要らないんじゃないか?と思うほど。街中での出足の反応、変速スピード、追い越し、中間加速ともに320iでも日本の一般道では不満は感じないと思う。
正直、不満点はほぼ無い。強いてあげるとすれば、内装の質感を価格なりにもう少し上げてくれればと思うが、「BMWというメーカーはそんな所にコストをかけず、走りの性能にコストをかけてくれればそれで良い」と個人的には思っているので、気になるほどでは無い。あとはBMWはリセールが良ければ、言うことないのだが。。。
今回の3シリーズはBMWを単なる高級車ブランドと捉え、安楽な移動や運転を望まれる方には他メーカーの方がより適切かもしれないが、スポーティーなブランドと捉えている人には最適なのではないだろうか。少なくとも私のクルマの好みからすると、「こんなBMWを待っていた」というのが感想だ。

とのことだ。大絶賛!

これのマニュアルがあれば言うこと無いのになぁ〜w

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. cara

    ご無沙汰しております。
    来年も宜しくお願い致します‍♂️

    気になっていた車
    素敵なレポートありがとうございました

    私もMTあれば考えるかも笑笑

    • MinaMina

      caraさん

      ご無沙汰しております!
      おぉーそうだったのですね!!!良かったです^^

      MTがあればなぁ…ですよね…
      来年はぜひお会いできますように!
      今年も有難うございました。

  2. ウーパー

    しかも、左ハンドルの、ですね(笑)

    • MinaMina

      ウーパーさん

      >しかも、左ハンドルの、ですね(笑)
      あ、そうそう、そこ重要です!!!w