マカン試乗記。マカンターボに1日乗った時のレビュー。

マカン
ポルシェ・マカン

義理の弟のマカンターボ

以前、義理の弟がパナメーラターボスポーツツーリスモを買ったので試乗させてもらったという記事を書いたが、パナメーラの前はマカンターボに乗っていた。そのマカンターボを当時1日だけ借りて乗らせてもらったところ、「コンパクトSUVとはいえさすがはポルシェ!」という印象を受けたので、忘れないうちに夫の見解をもとにしたレビューを書き記しておきたいと思う。

2015年モデル、マカンターボ

義理の弟のマカンターボは2015年モデルで、ほぼフルオプションの個体。ボディカラーはダークブルーメタリックで、わが家のナイトブルーメタリックよりもやや青色が強い。内装はルクソールベージュ。

個人的に「外は紺色、中はベージュ」という組み合わせは一番好きかもしれない。では、早速夫のレビューを紹介していきたいと思う。

①乗り心地

このマカンターボはエアサス装着車と聞いていたが、足元は大きな21インチの911ターボデザインホイールを履いていたので、見た目のイメージから、当初乗り心地に関しては全く期待していなかった。

しかし、実際に乗ってみると、想像とは真逆で、素晴らしく乗り心地が良かった。スポーツやスポーツプラスにしても、不快な突き上げや跳ねは殆ど感じない。にも関わらず、しっかりとダンピングの効いた足回りで、どんなモードでも終始フラット。

『乗り心地が良い』と一言で言っても、フワフワした乗り心地や、硬くても角が取れたような乗り心地など様々あるが、マカンのエアサスの乗り心地の良さは「フラット感」にあると言って良いと思う。

また、駆動系の工作精度が高いためか、フリクションも殆ど感じない。スムーズさは非常に気持ちよく、綺麗に舗装された路面を走っている時はスーっと滑るように進む。今まで乗ったどんなエアサスよりも好感が持て、個人的には現行のパナメーラのエアサスよりも好きかもしれない。

弟も後に購入したレンジローバースポーツよりも乗り心地は良く感じるし、ボディのしっかり感、剛性感も上だと言っていた。

②走り

一般道の山道を攻めるくらいでは何も起きない。もちろん、重心は高いので、限界域では911などには敵わないが、身のこなしは驚くほど軽快。まるで「SUVでありながらハッチバックでコーナーを攻めている」ような感覚だった。

高速道路の安定性は言わずもがなで、素晴らしい。特にスポーツプラスにした時の安定感、安心感は特筆もの。法律が許せばどんな高速道路も180km/h以上で常に巡航できるんじゃないか、とさえ思う程だった。

③エンジン

特別よく回る、レスポンスがずば抜けているといった感じではないが、ポルシェの名に恥じないパワーとレスポンスを持っている。ターボである事は感じるが、ターボラグによる不快さや乗りにくさは感じない。

高速道路走行中、たとえ後ろから煽られたとしても、ひと踏みで後続車がバックミラーの小さな点になるくらいの加速力はある。

気になる点は?

①PDK

この世代のPDKは極低速で1速、2速を行き来する時にややギアの音やショックを感じる時がある。

トルコンATに慣れている人は、不快感を感じるかもしれないが、個人的にはあまり問題とは感じなかった。この点に関しては以前乗っていた970後期型のパナメーラエディションととても似た感じだった。

②後部座席

後部座席はボディサイズから想像する程広くはない。

もちろん成人男性が座っても全く問題ないが、十分なゆとりがあるというわけではないので、室内空間の広さを重視する方はカイエンの方が良いと思う。

③内装

この個体はほぼフルオプションの個体だったので、内装の質感や装備などが非常に豪華だった。

しかし、素のマカンはここまで豪華では無いので、内装の質感にこだわる方はオプションを積極的に選択した方が良いと思う。

総評

最後に、夫の総評について。

マカンターボ。SUVとはいえ、スポーツカーであることは間違いありません。試乗する前は「ポルシェのSUVだから、ある程度スポーティーな車なのだろう」という想像はしていましたが、実際に乗ってみると頭の中のスポーティーの想像を完全に超える性能でした。
もしマカンにまだ乗った事がなく、同じクラスのSUVを検討している方がおられたら、騙されたと思って一度試乗してほしいと思います。さらには、街中だけではなく、高速やカーブを走ってみてほしい。他メーカーのSUVとは全く違う乗り物だと分かってもらえるはずです。
あと、エアサスはオススメです。私がマカンを買うなら、このオプションだけは絶対につけると思います。それくらい好印象なサスペンションでした。

とのこと。夫が義理の弟からマカンを借りてきた時「運転してみたら?」と言ってくれたのだが、「いやいや、大事なポルシェに傷でもつけたら大変やしええわ(;゚Д゚)!」と、私は結局運転しなかった。

今思えば、少しだけでも運転させてもらえば良かったなぁ〜。(ドイツで911を借りたときも、アメリカでGLSを借りたときも、よう運転せず、つくづくビビリな性格だなぁと思う…)

新型マカンが出たら、ぜひ試乗しにいってみたい。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。